12月の営業報告

「映画秘宝 2011年 2月号」では連載コラム「サントラ千枚通し」 に加え、特集「クリスマスに大人買いしたい日本未公開Blu-ray&DVD」に協力、DVDスルーの『アダルトボーイズ青春白書』『グレッグのダメ日記』評を担当。それと”学園映画としての『ソーシャル・ネットワーク』”といった趣向のコラムを書いています。これはわりと自信作なので是非読んでください。

どうでもいいハーバード大学トリビア。劇中にも出て来るハーバードの有名な銅像を造った彫刻家の名前をチェスター・フレンチという。そう、あのハーバード大卒のスカしたデュオのユニット名はここから取られているのだ。

Chester French - Ciroc Star feat. Diddy, Jadakiss, and Clinton Sparks

『ハングオーバー』っぽいビデオにディディ&ジェダキスの客演と、仕込みはバッチリなのにセカンドアルバムは未だリリースされず・・・無念。

「ミュージックマガジン 2011年 1月号」ではキッド・カディ『マン・オン・ザ・ムーン2 :ザ・レジェンド・オブ・ミスター・ラジャー』評を担当。

「CDジャーナル 2011年 1月号」では、「アメリカ学園天国」で『グレッグのダメ日記』をフィーチャー。加えて「今こそヒップホップ入門」というミニ特集を手掛けています。ここでもキッド・カディ『マン・オン・ザ・ムーン』評を。それと特集「2010年私のベスト5 CD編/映像編」いずれとも参加しています。

「bmr 2011年 1月号」ではN.E.R.D. 『Nothing』マッドコン 『ベギン』のレヴューを担当。加えてキッド・カディの合評にも参加しています。というわけで今月はキッド・カディ担当月間でした。

「CROSSBEAT 2011年 1月号」には「シネマ酒オン・ザ・ロック」が掲載。お題は 『インセプション』。加えて「2010年ベストアルバム」のアンケートに参加しています。

以上、よろしくお願いします。
on 12/24/2010 by 長谷川町蔵(はせがわまちぞう) |