3月の営業報告


「CROSSBEAT (クロスビート) 2013年 05月号」では、コラム「シネマ酒オン・ザ・ロック」が掲載。お題はアデ子の「スカイフォール」です。


「CD Journal (ジャーナル) 2013年 04月号」ではヴィクトリア・ジャスティス主演作『そんなガキなら捨てちゃえば?』評を書いてます。

『そんなガキなら捨てちゃえば?』予告編
 
ヴィクトリア・ジャスティスのエンジのスタジャンに注目。そう、初期デフ・ジャムのスタッフ・ジャンパーなのだ。しかも後半、それがストーリーに関係してくる!


「MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 04月号」では、素晴らしすぎるデヴィッド・ボウイ『ザ・ネクスト・デイ』と面白すぎる「R・ケリー自伝 SOULACOASTER」の紹介に加え、早くもクラシックの風格が漂うケンドリック・ラマー『グッド・キッド、マッド・シティー』評を書いています。

David Bowie - Valentines Day
 
ジギー時代の曲調を自己模倣。でも瑞々しい。イイ曲です。


Kendrick Lamar - Swimming Pools (Drank) (Live on SNL)

 言うことなしっス!

「映画秘宝 2013年 05月号」では「サントラ千枚通し」に加えて、『Jesus Henry Christ』あらため『ヘンリー・アンド・ザ・ファミリー』評をやっています。

そして「ぴあ Movie Special 2013 Spring」では『シュガーマン 奇跡に愛された男』の紹介をしています。

Rodriguez - Sugar Man
 
南アフリカ共和国出身者なら皆知ってるロドリゲスの代表曲。

Nas - You're da man


本国では誰も知らなかった「Sugar Man」をサンプリングした94年曲。ヒップホップDJの耳の良さというものを再確認させられる。Prod.はラージ・プロフェッサー。

以上、よろしくお願いします。