6月の営業報告


金曜から公開が開始された『ハングオーバー!!! 最後の反省会』のパンフに色々書いていますので、観劇のお供にどうぞ。

『ハングオーバー!!! 最後の反省会』予告編


「映画秘宝 2013年08月号」ではその『ハングオーバー!!! 最後の反省会』の紹介、遂にDVDリリースされたジョン・ウォーターズの94年作『シリアル・ママ』、そしてDVDスルーになってしまったジョナス・アカーランドの新作『スモール・アパートメント ワケアリ物件の隣人たち』を紹介してます。もちろんいつものサントラ評も。

『シリアル・ママ』予告編

懐かしい!

「CROSSBEAT (クロスビート) 2013年08月号」では、「シネマ酒オン・ザ・ロック」が掲載。ネタは『バチェロレッテ ―あの子が結婚するなんて! ―』です。


「CDJournal2013年07月号」には「アメリカ学園天国」が掲載。お題はもちろん『プロジェクトX』。エリザベス・オルセン主演の驚異のワンカット・ホラー『サイレント・ハウス』評もやっています。

『プロジェクトX』予告編
 
ある意味『スプリング・ブレイカーズ』と並んで今のムードを象徴するような映画だと思うので是非チェックを!


「MUSIC MAGAZINE2013年07月号」では、「欲望のバージニア オリジナル・サウンドトラック」の紹介とプリシラ・アーン「ここにいること」評、『スプリング・ブレイカーズ』の紹介、タイラー・ザ・クリエイターのライブレポを担当してます。

Tyler, The Creator - Domo 23



カンバさんが表紙の「ぴあ Movie Special 2013 Summer」ではウータン・クランのRZAが監督、脚本、主演、音楽の4役を手がけた『アイアン・フィスト』評を担当。

『アイアン・フィスト』予告編
 
B級映画としては100点満点の快作。ラッセル・クロウはこの10年で最高の演技をしてると思う!推定ジャベール役の53倍イイ。

その『アイアン・フィスト オリジナル・サウンドトラック』の日本語盤の解説もやりました。

以上、よろしくお願いします!