10月の営業報告ほか


「MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 11月号」の特集記事「黒人音楽の現在2013」の本文と選盤を担当しました。最近のR&B〜ヒップホップチャートからのトレンド読解を行っています。ビギナーの方は「えっ、こんなのが売れてるんだ!」と驚愕するはず。

せっかくなので紹介盤の中でマイナーなやつから3曲ばかし紹介してみる。

August Alsina - Shoot Or Die


ニューオリンズ出身21歳による、ジャスティン・ティンバーレイク「Suit & Tie」の替え歌。

 Quadron - Favorite Star (Acoustic)


デンマーク出身のデュオのメジャーデビュー作から。アルバムにはケンドリック・ラマーもゲスト参加。


The Foreign Exchange - Call It Home


歌っているのは元リトル・ブラザーのラッパー、フォンテ。彼の歌はいつ聴いても気持ちイイ。


「映画秘宝 2013年 12月号」 では、いつものサントラコラムに加えて『アメリカン・パイパイパイ!』の紹介文を書いています。


10/4発売の「FRIDAY」で『ウォーム・ボディーズ』を紹介。同じく10/18発売の「FRIDAY」で、「男に薦める米国ドラマ」についてのコラムを書いてます。海外ドラマの記事は大抵タイアップまみれだけど、これは何の制約も受けずにお勧め作品を選んでます。

 
「CDJournal2013年 11月号」には「アメリカ学園天国」が掲載。お題は”エモの聖典”『ウォールフラワー』です。


コクヨが、関連会社のコクヨ工業滋賀設立25周年を記念した近江の麻とびわ湖のヨシを使った意匠ノートを発売。
今度はMDコットンノートを意識してる?女子ウケしそう。いずれにせよ最近のコクヨはやる気満々だ。


東京都都市整備局より多摩ニュータウン土地貸付け(南大沢駅北側都有地)のお知らせ
場所は、京王線南大沢駅の北口なんだけど、これって今この場所で運営している三井のアウトレットモールが2015年11月でクローズするってことだよね? 
南大沢の場合、イトーヨーカ堂があるので地域住民の日常生活に支障はないとは思うけど、巨大なショッピングモールが突然無くなるわけだから間接的な影響はかなりのもののはず。そしてこのレベルの閉店が地方都市で起こったらと思うとゾッとする。 来るべき南海トラフ地震を考慮したら、地盤が安定している多摩エリアに金も人もシフトしていくのが本来の都市計画のあり方のはず。でも東京五輪があるので臨海エリアへのシフトは止まらない。何だかなあ〜。