12月の営業報告



電子書籍アルテス11月号が配信中。大和田さんとの「文化系のためのヒップホップ通信」第2回も掲載されています。
12月9日、その大和田さんの慶応大学の講義で、ヒップホップについておしゃべりしてきました。駆け足&固有名詞の嵐だったかも・・・塾生の皆さんに感謝です。

Earl Sweatshirt - WHOA

こんな曲をかけました。


12/6発売のFRIDAYに、リニューアルした「ららぽーとTokyoBay」のルポ記事を書いてます。個人的に嬉しかったのは念のためにコンデジで撮っておいた写真が掲載されたこと。あのFRIDAYにカメラマンデビューだ!

12/13発売の「FRIDAY」に大傑作『ゼロ・グラビティ』のレビューを書きました。


「ミュージックマガジン 2014年 01月号」ではベスト・アルバム2013のヒップホップ部門の選定に参加(なかなか良いラインナップではないでしょうか)、そしてガガ様の新譜評を書いています。


「CROSSBEAT Special Edition 年間ベスト・アルバム 2013」では、ベストアルバム選出に参加およびロックな映画(必ずしもロック映画ではない)ベスト10を選んでます。


ソニーのVaioのサイトでエンタメ・ニュースのキュレーション連載「Creator's Choice」を始めています。 


定額聴き放題サービス「Music Unlimited」で、定期的にサントラ音源の選曲をすることになりました。題して「サウンド・トラック野郎」!第1回のお題はXマス。リチャード・クレイダーマンの「戦メリ」カバーからお楽しみ下さい。


「映画秘宝 2014年 02月号」ではサントラコラムのほかアダム・サンドラー主演作『アダルトボーイズ遊遊白書』を紹介。またマシュー・マコノヒー特集にもちょこっと参加してます。

『アダルトボーイズ 遊遊白書』予告編



「キネマ旬報 2013年12月下旬号」でアメリカ学園天国コンビで『ブリング リング』 について言いたい放題語っています。


「CDJournal2014年 1月号」では「アメリカ学園天国」が掲載。お題はオーブリー・プラザが29歳にして高校生に扮した「私にもできる!イケてる女の10(以上)のこと」

『私にもできる!イケてる女の10(以上)のこと』予告編

ちなみにお父さん役はエージェント・コールソンことクラーク・グレッグ。


「ぴあ Movie Special 2014 Winter」 に『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』のレヴューを書いています。


「レコード・コレクターズ 2014年 01月号」に執筆。これまでブックレビューだけしかやってなかった私に遂にディスク評の依頼が!・・・と思ったら「グリーsingsザ・ビートルズ」の紹介文だったでござる。ぎゃふん!でも読んでね〜

A Hard Day's Night from 『Glee』


実は鬼が笑うほど遠い将来ではない2014年3月29日に、新宿の朝日カルチャーセンターで「アメリカ学園映画講座」をハイスクールU.S.A.コンビでやります。


以上、よろしくお願いします。