2月の営業報告


アルテス電子版に大和田俊之さんとの連載対談「文化系のためのヒップホップ通信」が掲載。今回は昨年のヒップホップ・シーンについて(前編)。

Eminem - Berzerk


もちろんこの曲にも触れてます。


リニューアルした「CREA」で、映画についての短期連載コラム「長谷川町蔵のGREAT CINEMA」が始まりました。裏テーマは米国の女性コメディアン。今回紹介した映画は『LIFE!』、女芸人はクリステン・ウィグです。


シアターカルチャーマガジンT. [ティー]では『ロバート・レッドフォードのインド洋ひとりぼっち』こと『オール・イズ・ロスト〜最後の手紙〜』を紹介。

『オール・イズ・ロスト〜最後の手紙〜』予告編



「VAIO」のネットニュースのキュレーション連載が更新されています。


「クイック・ジャパン」でチャド・ハーバック「守備の極意」を紹介。


「サイゾー 2014年 03月号」の特集「タブーなき映画のミカタ」でハリウッド・コメディについて取材を受けました。


「CDJournal2014年 3月号」に「アメリカ学園天国」が掲載。今回取り上げたのは南部を舞台にした魔女っ子モノ『ビューティフル・クリーチャーズ 光と闇に選ばれし者』

『ビューティフル・クリーチャーズ 光と闇に選ばれし者』予告編


個人的には『トワイライト』より面白かったです。


「MUSIC MAGAZINE 2014年 03月号」にはビヨンセの新譜評と映画『それでも夜は明ける』の紹介文を執筆。

Beyoncé "Blow" :30 Preview


ファレルとティンバランドが同じ曲にプロデューサーとしてクレジットされてる珍しいナンバー。結果的に伝説のグループ、SBIが再結成!


Music Unlimitedの選曲コーナー「長谷川町蔵のサウンド・トラック野郎」が更新されています。


「映画秘宝 04月号」ではサントラコラムのほか、ジョナ・ヒル(!)のインタビュー、特集「クセメン男子番付」への参加、『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』『ランナウェイ・ブルース』『早熟のアイオワ』『チャールズ・スワン三世の頭ン中』『ファミリー・アゲイン』を紹介してます。

『ファミリー・アゲイン/離婚でハッピー!?なボクの家族』予告編


見ての通り、キャストが豪華。


2/14発売の「FRIDAY」で、アカデミー賞受賞予想のコラムを書いてます。結構”攻め”の予想になってるけど、意外と当たっちゃうような気もする……。

2/21発売の「FRIDAY」で、『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』を紹介。
2/28発売の「FRIDAY」で、『ラヴレース』を紹介。

自伝を出した頃のリンダ・ラヴレース



そして3月29日には新宿の朝日カルチャーセンターで「アメリカ学園映画」講義を行います。今年のテーマは学園ホラー映画。興味のある方は是非!