今週のTOP5

ニューヨーク・マガジンの音楽特集号の8種類の表紙

本当はビギーのやつが欲しかったんだけど、本屋で見当たらず落胆。ヤケになってバーブラ・ストライザントのやつを買ってしまって、今猛烈に後悔している。


『her 世界でひとつの彼女』
内覧試写で鑑賞。スパイク・ジョーンズは作家として大きくなったなあ……(遠い目)。ちなみに全体のカットの約1/3がホアキン・フェニックスのアップ!

『her 世界でひとつの彼女』予告編


Y.G.「My Krazy Life」
コンプトン出身の24歳ラッパーのメジャーデビュー作。本作にもゲスト参加しているスクールボーイQのアルバム以上にギャングスタ色が強くてサウンドがピーヒャラいってる!それでいてオッド・フューチャー以降のゆとり感覚も。というわけでウェッサイの伝統と今の両方が味わえる好盤。

YG - My Nigga (Explicit) ft. Jeezy, Rich Homie Quan


『グランド・ブタペスト・ホテル』
 試写で鑑賞。てっきりホテルを舞台にした呑気な群像劇かと思っていたら、第二次大戦前夜の陰謀渦巻く東欧の小国で展開されるサススペンス・アクションだった!いつものスタイルなのにハラハラもさせるという離れ業をやってのけたウェス・アンダーソンに拍手を! それと悪役を演じるウィリアム・デフォーの『ストリート・オブ・ファイヤー』感がハンパない!他の俳優は全員オフビートで抑制の利いたウェス・アンダーソン・ワールドの住民なのに、ひとりだけ何故かウォルター・ヒルの世界を生きているのだ!

『グランド・ブダペスト・ホテル』予告編


『フルートベール駅で』 
ラフに作られているようでいて、テーマの重さをしっかり伝えられるようにディテールまで拘っているところがイイ。舞台がベイエリアなので、流れるヒップホップ・ナンバーも地元の英雄マック・ドレなのだ!

Mac Dre - Feelin' Myself