今週のTOP5


駒沢公園のオクトーバーフェスト2014
今年の夏もあちこちでやっているけど、ロケーション的にはここが一番良いような気がする。まあ、ビール飲んじゃえばどこも同じと言われればそれまでだけど。


Alex Newell - Nobody to Love 
 何とアトランティックとシンガー契約した『glee』のユニークが、UKのシグマのヒット曲(元ネタはカニエ・ウエスト「Bound2」)をゲイ・ディスコ・カバー!一部で猛烈にウケそう。



Sigma - Nobody To Love


こちらはオリジナル。これだからUKモノはダメなんだよ……。 

ちなみにこれがユニークのアー写。やはりそっちの世界で生きていく覚悟を決めたか……。




 ニュージーランド撮影旅行初日にカメラ機材全てを盗まれてしまった女性写真家アリソン・ターナーのスマホ旅行写真集
ピンチの時こそセンスが物を言う。


  50 Cent「Animal Ambition: An Untamed Desire to Win」
頂点を極めてしまったがゆえに、その後のシーンの移り変わりの荒波をモロに被ってしまった50。久しぶりの新作も懐かしいとしか言いようがない内容ではあるのだけど、こういうハードコアなノリもシーンには必要。インディになったことだし、次の波がくるまでワガママ放題な活動をしてくれたらと思う。

50 Cent - Smoke ft. Trey Songz

プロデュースは(現アップル社員の)ドクター・ドレー。


  『クイーン・オブ・ベルサイユ』
試写で鑑賞。アメリカン・ウェイ・オブ・ライフというものを色々と考えさせられた。