今週のTOP5

和田倉噴水公園


夏はやっぱり噴水ですよ!


  Common 「Nobody's Smiling」 
初期の相棒ノーIDと全面タッグを組んだ新作。でも90年代懐古趣味はあまりなくテン年代に対応するべくアップデートされたコンシャス・ラップを展開している。ノーID、今やデフジャムの副社長だからな。いくらでも大物ゲストを呼べるのにビッグ・ショーンやジャネイ・アイコといった若手のレーベルメイトに止めたバランス感覚も良し。

Common - Diamonds ft. Big Sean



『365日のシンプルライフ』
アイディア自体はエア・ミニマリストの自分的にはたまらなく魅力的だけど、個人的にはもう少し葛藤や笑いがあっても良かったかなあ。最初からわりとシンプル・ライフに馴染んでしまうのだ。まあ、米国人じゃなくてそもそも比較的シンプル・ライフを送っている北欧人だからな。ファイブ・コーナー・クインテットのサックス奏者による北欧ジャズなサントラがカッコいい!




『孫のナマエ』
森鴎外が長女の茉莉が生んだ子に「爵」と名付けて嫁ぎ先の山田家が大騒ぎになるというドラマ。森茉莉の最初の夫、山田珠樹というと、B&Bの洋八が恋人の父に芸人だからという理由で結婚を許してもらえないという当時のゴシップニュースに触れつつ、「東大卒で申し分ない経歴の人間でも酷い奴がいる。最初の夫だ。私ならあの人より洋八を選ぶ」と茉莉が書いた「ドッキリチャンネル」の回をどうしても思い出してしまう。そんな茉莉のディスり芸に慣れた者にとって、珠樹視点のドラマ構築は妙に新鮮だった。


『ゴジラ』
放射脳かと思ったけど真相を探り当てていた「ブレイキング・バッド」のウォルター、スーパーマッチョになっちゃったキック・アス、相変わらず使えないデヴィッド・ストラザーンらを差し置いて、ゴジラ愛炸裂の謙さんが目立っていたのが嬉しかった。冒頭の日本のシーンも往年の東宝SFっぽくて泣けました。
ちなみに元キック・アス、アーロン・テイラー・ジョンソンの肉体改造は専門誌も注目するほど。