今週のTOP5


Wiz Khalifa「Blacc Hollywood」 
進歩はないけど度量のデカさはますますアップ!気持ちよく聴き通せます。


ワンカメ&ノーカットで撮ったワザアリPV。


エミー賞授賞式
 AXNのオンエア版は同時通訳の声ばかりオン気味で、他の音がめっちゃ小さく、中継モノの中ではワーストの出来……。とはいえセス・マイヤーズと『ポートランディア』組の絡みとか、アル・ヤンコビックと共演するアンディ・サンバーグとか、賞をもらってないのに受賞したフリで延々ボケをかますジミー・ファロンなど元『SNL』組の健闘が光った。



Charli XCX - Break The Rules
テン年代を代表するティーン・アンセム。『ハードキャンディ』(主演女優のローズ・マッゴーワンがゲスト出演!)をはじめ、『キャリー』『クルーレス』といった学園映画オマージュに溢れたPVも憎い。

 


『ジャージー・ボーイズ』 
試写で鑑賞。「ブロードウェイ・ミュージカルの映画化作品に見せない」ことに注力したイーストウッドの職人仕事ぶりはなかなか良い。でもフォーシーズンズを知らないと意味ない話なので「映画だけ好きな人」は注意した方がいいかな。俳優陣の中では、唯一舞台キャストではないヴィンセント・ピアッツァが好演。『ボードウォーク・エンパイア』でラッキー・ルチアーノを演じている彼がいることによって、20年代と50年代のニュージャージーが繋がっているのだ。





新しいパジャマ 
銀河を駆ける夢を見れそうだ。