今週のTOP10

花園神社
酉の市は、今年もここに行ってきました。
Machizo Hasegawaさん(@machizo3000_tokyo)が投稿した写真 -

『きっと、星のせいじゃない。』 
内覧試写で鑑賞。題材が十代の難病&恋愛モノにもかかわらず映画自体はとても真っ当に作られている。でも大人があれこれ評する以前に、ティーンの観客が劇場に詰めかけてメガヒットしてしかるべき作品ですよ、これは。



Big K.R.I.T. 「Cadillactica」
泥臭くも暖かいラップ。郷愁の808。南部産ヒップホップならではの魅力を実感する充実作。

Big K.R.I.T. - Pay Attention (Explicit) ft. Rico Love


『ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス 50年の挑戦』
マーティン・スコセッシ監督のドキュメンタリー。素晴らしかった。スゲえと思うのはWOWOWがHBOとBBCを巻き込んで制作していること。「日本人エラい」と真に言うべきは、こうした行為に対してだ。


ソランジュの結婚式 
ウェディングドレスのソランジュとビヨ姉含むブライズメイズたち。オシャレすぎるぜ‼︎ 姉ちゃんがポップスターのダサい部分を全部引き受けてくれるがこそ、洗練されたセンスを発揮出来るのだろう。
A photo posted by Beyoncé (@beyonce) on

「the waiting game」
アナ・ケンドリック主演のケイト・スペードのホリデイ・シーズンCM。彼女の特徴である早口と背の低さを上手く活かしている。

 


「TimeOut NewYork」11月20日号の表紙 
ドランク・アンクル‼︎


『はじまりのうた』

 試写で『ONCE』のジョン・カーニー監督最新作。もしこれが『ONCE』同様に舞台がダブリンで音楽がトラッドだったら甘口すぎただろうストーリーの問題点を、NYの景色と元ニュー・ラディカルズの人の音楽が全部カバーしてる。キーラ・ナイトレイがスター女優の割には、貧乏なシンガーソングライター女子役がハマっていたのは、年間500万円で暮らしているからかもしれない。

 


『インターステラー』
 劇場で観てきた。これ、カール・セーガンの理論をキップ・ソーンのそれに置き換えた、テン年代の『コンタクト』じゃん!だからこそのマコノヒー起用。ムー・テイストも満載で気に入りました。

『コンタクト』予告編


Mark Ronson - Uptown Funk ft. Bruno Mars
ブギーでディスコでちょいミネアポリスなイイ曲。それにしてもマーク・ロンソンの影うすっ!!