2015年8月の仕事報告

来たるべきパート2の公開を記念して第1作『テッド』のサウンドトラックが8/12に日本発売されます。解説はわたしが担当しています。



「レコード・コレクターズ増刊 USパンク~オルタナティブ」では、ブロンディやカーズ、ジュリー・クルーズのアルバム・レビューを書いています。




「ミュージックマガジン 2015年 08 月号」ではA$AP Rockyの新作「アット・ロング・ラスト・エイサップ」評を担当してます。



「映画秘宝 2015年 09 月号」ではサントラ・コラム(今回はブライアン・ウィルソン特集)に加えてDVDスルー作『オフロでGO!!!!!タイムマシンはジェット式2 』の紹介もしています。



「ENGLISH JOURNAL 2015年9月号」では連載コラム「シネ曼荼羅〜ベイビー」が掲載。今回は夏休み映画の王道をいく『ジュラシック・ワールド』を取り上げてます。



「映画秘宝EX 映画の必修科目13 猛爆!戦争映画100」 (洋泉社MOOK)に寄稿しています。わたしが担当したのは『キャッチ22』と『MASHマッシュ』。



「DVD&ブルーレイでーた 2015年 9月号」の特集「アメリカン・コメディの逆襲」でコメントを寄せています。



「映画秘宝 2015年 10 月号」では連載コラム「サントラ千枚通し」が掲載。今回のテーマは『わたしに会うまでの1600キロ』公開を記念して、脚本を書いたニック・ホーンビィが関わった映画のサントラ特集です。
またDVDスルー作『モール・コップ ラスベガスも俺が守る!』も紹介してます。

「キネマ旬報 2015年9月上旬号 No.1697」では9/4公開のビル・マーレイ主演作『ヴィンセントが教えてくれたこと』評を担当。


「CDJournal2015年 9月号」は本当は「アメリカ学園天国」掲載回なのですが、今回は特別に「ヤング・アダルトU.S.A. をめぐって」と題して著者ふたりの対談が掲載されています。実質的にこちらが公式ライナーノートになりますので、ぜひチェックください!