2017年3月の仕事報告


毎年4/1発売のインディ文芸誌「Witchenkare(ウィッチンケア)第8号」に今年も参加してます。拙著『あたしたちの未来はきっと』全10章のうち3章はこちらが初出なのですが、今回はスピンオフ短編を書いてみました。タイトルは「三月の水」で、舞台は空白だった2016年。よろしくです。


「ミュージックマガジン 2017年 04 月号」では特集「1990年代のUKアルバム・ベスト100」にアンケート参加。リアノン・ギデンズの新譜評も担当しています。
また書評コーナーで「あたしたちの未来はきっと」を取り上げていただきました。評者は『バッド・フェミニスト』翻訳者で『デヴィッド・ボウイ: 変幻するカルト・スター』の著者でもある野中モモさん。ありがとうございます!


キングコングが表紙の「映画秘宝 2017年 05 月号」の連載では『SING/シング』をフィーチャーしてみました。書評コーナーでは「あたしたちの未来はきっと」も紹介されています。「町田が舞台のびっくり展開」とのお言葉、ありがとうございます!



「CDジャーナル 2017年 04 月号」にはいつもの倍のボリュームで山崎まどかさんとの「アメリカ学園天国」が掲載。なぜ倍増かというと、取り上げた作品が『スウィート17モンスター』だからです。


「ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2017年 04月号」に「長谷川町蔵のFILMOSCOPE」が掲載。今回取り上げたのは本日公開『ラビング 愛という名前のふたり』です。


「本当は面白い! アメリカンコメディ」が更新されています。今月更新されたのは、ノア・バームバック監督作『ベン・スティラー 人生は最悪だ!』こと『グリーンバーグ』とエクセレントな『ウェインズ・ワールド1&2』です!


「レコード・コレクターズ2017年4月号」では井出靖さんの『VINTAGE POSTER SCRAP』の書評を担当しています。