2017年8月の仕事報告


ウェブショップ「romanticool」で山崎まどかさんとのMP3対談シリーズ、題して「Pump Up The Volume」を始めました。第一弾『スパイダーマン:ホームカミング』、第二弾『Netflixで観るアメリカ学園ドラマ』がアップされています。いずれも収録時間約1時間で価格は100円です。通勤通学の合間にどうぞ!


「CDジャーナル9月号」には「アメリカ学園天国」掲載。取り上げたのは勿論「スパイダーマン:ホームカミング」です。重要作なので分量はいつもの倍増です。


河出書房新社から発売された「INTO THE BLACK LODGE ツイン・ピークス読本」に、名だたるピーカーの方々に混じって「ツイン・ピークスと<ティーン・ドラマ>の系譜」というコラムを寄稿しています。


「ポパイ9月号」は本屋特集。わたしは「ひと夏のブックショップ『ポパイ』開店!」というコーナーでアメリカの音楽に関する本を5冊選んでいます。該当頁の見開きの他の2名がみうらじゅんさんと大久保佳代子さんという物凄いことになっています!


「EYESCREAM(アイスクリーム) 9月号」に連載コラム「脇役グラフィティ〜あの映画の気になるアイツ」が掲載。今回は『スパイダーマン:ホームカミング』公開を記念してマリサ・トメイです。


「キネマ旬報 2017年8月下旬号」では轟夕起夫さんと「ベイビー・ドライバー」について対談。また「試写室」のコーナーで「スパイダーマン:ホームカミング」についてレヴューを書いています。


映画ナタリー の「ベイビー・ドライバー」特集に寄稿しています。


ぴあ映画生活のサイトに『ベイビー・ドライバー』のレビューを書きました。


「映画秘宝2017年10月号」ではサントラコラムで「ベイビードライバー」を讃えつつも、追悼コーナーでジャンヌ・モローを偲び、ついでにブルーレイ化した「真夜中のパーティー」を紹介しています。


ジム・ジャームッシュ特集の「ユリイカ 2017年9月号」では、「豊かな無表情 コメディ映画としての『ブロークン・フラワーズ』というテキストを書いています。


i-Dのサイトにジム・ジャームッシュ監督作『パターソン』のレヴューを書いています。


ザ・シネマ内「本当は面白い!アメリカンコメディ」が更新されています。今回取り上げたのは、全編スペイン語のウィル・フェレル異色作『俺たちサボテン・アミーゴ』です。



「ミュージック・マガジン9月号」ではジェイ・Z「4:44」評とマジック・ジャイアントの紹介をしています。

このブログの人気の投稿

エヴリシング・クール ムービーアワード2017

「文化系のためのヒップホップ入門2」が刊行されます。

「21世紀アメリカの喜劇人」追記<後編>