2018年1月の仕事報告


「映画秘宝2018年3月号」では毎年恒例のベスト10アンケートに参加するとともに未公開作青春&コメディ部門ベスト10とサントラof2017の選定をやっています。

映画秘宝EX「世界のカルト監督列伝」でウェス・アンダーソン、トニー・スコット、リチャード・ケリー(!)について書きました。洋画ビギナーにも優しい本になっております。

「別冊映画秘宝 鬱な映画」では「恋愛鬱映画」というお題でコラムを書いています。

「ミュージック・マガジン2018年2月号」ではクレイグ・デヴィッドの新譜評を担当しました。

「Rolling Stone vol.1」で連載コラムが始まっています。題して「Sound and Vision」。このタイトルでいつかやりたいと思っていたので嬉しい。

「キネマ旬報 2018年1月下旬号」では「キングスマン:ゴールデン・サークル」評を書いています。

「ENGLISH JOURNAL 2018年 2月号」には「FILMOSCOPE」が掲載。今回取り上げたのは「DETROIT」。

洋楽専門チャンネル ザ・シネマのサイトに『ナーズの復讐』シリーズについてのコラムを書いています。

以上、よろしくお願いします。