投稿

6月, 2018の投稿を表示しています

2018年6月の仕事報告

イメージ
EYESCREAMのサイトにて連載中、東京のあちこちを舞台にした連作小説「インナー・シティ・ブルース」が更新されています。今回の「ゴーイング・アンダーグラウンド」の舞台は中央区八重洲なので、痛快サラリーマン小説(嘘)に仕上がっています。


「EYESCREAM NO.166」に連載コラム脇役グラフィティ」が掲載。今回は「レディ・バード」でティモシー・シャラメより美味しい役をやってるビーニー・フェルドスタインを取り上げています。


ティモシー・シャラメ表紙の「フィガロジャポン2018年8月号」では特集「ウワサの男。」に参加。「レディ・プレイヤー1」のタイ・シェリダンを紹介しています。


「ミュージック・マガジン2018年7月号」ではロバート・グラスパーらの新ユニットR+R=NOWの紹介記事とライリー・ウォーカーの新作評、「シティ・ソウル ディスクガイド」のレビューをさせていただいてます。


「映画秘宝2018年8月号」では、サントラコラムのほかにドーナル・グリーソン主演作(それにしてもよく働く)「ホームメイト!」を紹介しています。


「Rolling Stone Japan Vol.3」に連載コラム「Sound and Vision」掲載。今回のお題は「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」の中で流れるジョージ・ハリスン「美しき人生」です。


ザ・シネマのサイトが更新されています。今回は、ケヴィン・スミス『ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲』とヴュー・アスキュニバースについて書きました!

以上、よろしくお願いします。

2018年5月の仕事報告

イメージ
東京のあちこちを舞台にした連作小説「インナー・シティ・ブルース」第2話豊洲編の後編がアップされています。今回、タワマンが立ち並ぶ豊洲の新市場の地下深くに棲む謎のモンスターの正体が明かされます。


ザ・シネマのアメリカン・コメディ紹介ページが更新されています。今回取り上げたのは『テッド2』『パパVS新しいパパ』です。


Rolling Stone Japanに「伝記映画から分かる、2パックが永遠のカリスマとして語り継がれる理由」というコラムを書きました。


「映画秘宝2018年7月号」ではサントラコラムのほか、ジョニー・グリーンウッドについてのミニコラム、DVDスルー作「Why Him?」あらため「ウェディング・バトル アウトな男たち」のレヴューなどを書いています。


「CDジャーナル2018年6月号」には山崎まどかさんとの連載「アメリカ学園天国」が掲載。今回取り上げたのは実は王道学園映画の「レディ・バード」です。


「MUSIC MAGAZINE 2018年6月号」ではダニー・コーチマー37年ぶりのソロ作評を担当してます。作者版「All She Wants To Do Is Dance」とか、聴きものですよ。


「林芙美子 貧乏コンチクショウ」展が絶賛開催中の世田谷文学館に、私の選書コーナーが設けられております。世田谷区民としては大変光栄です。ここの図書室のクオリティはトンデモないものがあるので、京王線沿線にお立ち寄りの際は是非!


文藝別冊「T・レックス: マーク・ボランの伝説」に映画に使われたT・レックスの楽曲についてコラムを書いています。