「文化系のためのヒップホップ入門2」が刊行されます。


大和田俊之さんとの共著「文化系のためのヒップホップ入門」の続編「文化系のためのヒップホップ入門2」がアルテス・パブリッシングから9月25日に刊行されます。
素っ気ないタイトルはザ・ゲーム『Documentary 2』から。イメージカラーも前作のブルーに対してブラッズ・カラーのレッドになっています。
内容は以下の通りです。


2011-12年回顧
2013年回顧
2014年回顧
ジャズ×ヒップホップ


ベースは年一回のペースで年末に行っていた「その年のシーン振り返り」対談。これに加えて「Jazz The New Chapter」シリーズの監修者であるジャズ評論家の柳樂光隆さんをお迎えして、ジャズとヒップホップの関係について語り合う鼎談が収められています。

語られている内容は、古くもなくかといって最近でもないヒップホップ・シーンになるわけですが、実は現在第一線で活躍するラッパーはこの時期に登場していたりします。またEDMの大流行など、いろいろありました。
その後のシーンを追った「3」もそう遠くないうちに刊行予定です。


というわけで、よろしくお願いします。


『文化系のためのヒップホップ入門2』
著者:長谷川町蔵、大和田俊之  
定価:本体1800円[税別]
四六判・並製 | 280頁
発売日 : 2018年9月25日
ISBN 978-4-86559-175-0
装丁:折田烈(餅屋デザイン) 
イラスト:菅野旋

アルテス・パブリッシングAmazon楽天ブックスhonto

このブログの人気の投稿

エヴリシング・クール ムービーアワード2017

「21世紀アメリカの喜劇人」追記<後編>