投稿

5月, 2019の投稿を表示しています

2019年5月の仕事報告

イメージ
「ENGLISH JOURNAL 2019年6月号」には連載コラム「FILMOSCOPE」が掲載。今回取り上げたのはガス・ヴァン・サントの最新作『ドント・ウォーリー』です。


EYESCREAM NO.171には連載コラム「脇役グラフィティ」が掲載。今回取り上げたのは、『ドント・ウォーリー』絶賛公開中のジョナ・ヒルです。


「MUSIC MAGAZINE2019年6月号」ではラップ(海外)のほかケラー二、ビル・フリーゼル&トーマス・モーガン、ビヨンセのライブ盤のレヴューを担当しています。


昭和7年創刊(!)の伝統あるヨット雑誌「KAZI」が何とヨットロック特集を敢行。DU BOOKSの稲葉さんと取材に答えています。


ミモレに「渡辺直美 アメリカ移住を選んだ事情と成功の可能性」「アメリカのエンタメに見る、国内「LGBTQドラマ」ブームの「その先」」と題したコラムを書きました。


ケン・ワタナベがインタビューで「そうとうギークな雑誌だね」と感心している「映画秘宝2019年7月号」では、いつものサントラコラムのほか「アナと世界の終わり」を紹介しています。


以上、よろしくお願いします。