投稿

2010の投稿を表示しています

ゼロ年代のアメリカ映画 私的ベスト100

イメージ
何か抜け落ちている気がしてしょうがないんだけど(そして厳密にはアメリカ映画ではないものも入っているんだけど)、今日時点のベスト100っつーことで。

その中での不動のベスト3は

『パンチドランク・ラブ』(ポール・トーマス・アンダーソン 2002年)


『レディー・イン・ザ・ウォーター』(M・ナイト・シャマラン 2006年)


『ドニー・ダーコ』(リチャード・ケリー 2001年)


の3本でした。以下、あいうえお順。

25時 スパイク・リー 2002
2番目のキス  ボビー&ピーター・ファレリー 2005
50回目のファーストキス  ピーター・シーガル 2004
Ella Enchanted  トミー・オヘイヴァー 2004
Fantastic Mr.Fox  ウェス・アンダーソン 2009
Harold & Kumar Go To Whitecastle  ダニー・レイナー 2004
JUNO/ジュノ  ジェイソン・ライトマン 2007
MILK  ガス・ヴァン・サント 2008
アイアンマン  ジョン・ファブロー 2008
アダプテーション  スパイク・ジョーンズ 2002
アニバーサリーの夜に  アラン・カミング&ジェニファー・ジェイソン・リー 2001
あの頃ペニー・レインと  キャメロン・クロウ 2000
アメリカン・ドリームズ  ポール・ワイツ 2006
アンダーカバー・ブラザー  マルコム・D・リー 2002
アンブレイカブル  M・ナイト・シャマラン 2000
イースタン・プロミス  デヴィッド・クローネンバーグ 2007
イカとクジラ  ノア・バームバック 2005
イングロリアス・バスターズ  クエンティン・タランティーノ 2009
ヴィレッジ  M・ナイト・シャマラン 2004
ウォーク・ザ・ライン きみにつづく道  ジェームズ・マンゴールド 2005
ウォークハード ロックへの階段  ジェイク・カスダン 2007
ウォーリー  アンドリュー・スタントン 2008
ウォッチメン  ザック・スナイダー 2009
エージェント・ゾーハン  デニス・デューガン 2008
エデンより彼方に  トッド・ヘインズ 2002
エバーラスティング 時間をさまようタック  ジェイ・ラッセル 2002
エリザベスタウン  キャメロン・クロウ 2005
エリン・ブ…

エヴリシングクール・ムービーアワード2010

毎年おなじみの恒例企画、今年は過去最大の全12部門を発表します! 最多ノミネートと作品賞は、当然のことながら”あの映画”でした。

撮影賞
Winner! ハリス・サヴィデス @『Greenberg』
ハヴィエル・アグイレサロベ @『ザ・ロード』
エドゥアルド・グラウ @『シングルマン』
ジェフ・クローネンウェス @『ソーシャル・ネットワーク』
バリー・アックロイド @『ハートロッカー』

『Greenberg』予告編


最優秀セリフ賞
Winner!  「強い力には責任が伴うというけど、無力なら責任は伴わないのか?」@『キック・アス』

マチェーテ、メールしない」@『マチェーテ』
「これから君の想像を超えた事が起きる」@『運命のボタン』
「政府を信じることと国を愛することは違うのさ」@『Harold & Kumar Escape From Guantaramo Bay』

ちょっとだけ出てるで賞
Winner! ガイ・ピアーズ @『ハート・ロッカー』『ザ・ロード』『英国王のスピーチ』

マイケル・シーン @ 『TRON レガシー』
マイク・タイソン @ 『ハングオーバー!』

悪役賞
Winner! マーク・ストロング @『キック・アス』

ジェマイン・クレメント @『Mr.ゴールデン・ボール/史上最低の盗作ウォーズ』
モニーク @『プレシャス』
フランク・ランジェラ @『運命のボタン』
ジャン=マリー・バレストル @『アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ』 

『Mr.ゴールデン・ボール/史上最低の盗作ウォーズ』予告編


優秀バトル賞
Winner! クロエ・モレッツ VS マーク・ストロングとその手下 @『キック・アス』

アーロン・ジョンソン VS クリストファー・ミンツ=プラッセ @『キック・アス』
ノア・リンガー VS デーヴ・バーテル(志村、うしろうしろ!) @ 『エアベンダー』
ジェフ・ブリッジス VS ジェフ・ブリッジス @ 『TRONレガシー』
トム・クルーズ VS ジェイデン・スミス @ MTVムービーアワード

助演男優賞
Winner!  クリストファー・ミンツ=プラッセ @『キック・アス』

クリスピン・グローバー @『アリス・イン・ワンダーランド』
ジョゼフ・ゴードン=レヴィット @『インセプション』
ジェイソン・シュワルツマン(声) @『Fantastic Mr…

12月の営業報告

「映画秘宝 2011年 2月号」では連載コラム「サントラ千枚通し」 に加え、特集「クリスマスに大人買いしたい日本未公開Blu-ray&DVD」に協力、DVDスルーの『アダルトボーイズ青春白書』『グレッグのダメ日記』評を担当。それと”学園映画としての『ソーシャル・ネットワーク』”といった趣向のコラムを書いています。これはわりと自信作なので是非読んでください。

どうでもいいハーバード大学トリビア。劇中にも出て来るハーバードの有名な銅像を造った彫刻家の名前をチェスター・フレンチという。そう、あのハーバード大卒のスカしたデュオのユニット名はここから取られているのだ。

Chester French - Ciroc Star feat. Diddy, Jadakiss, and Clinton Sparks

『ハングオーバー』っぽいビデオにディディ&ジェダキスの客演と、仕込みはバッチリなのにセカンドアルバムは未だリリースされず・・・無念。

「ミュージックマガジン 2011年 1月号」ではキッド・カディ『マン・オン・ザ・ムーン2 :ザ・レジェンド・オブ・ミスター・ラジャー』評を担当。

「CDジャーナル 2011年 1月号」では、「アメリカ学園天国」で『グレッグのダメ日記』をフィーチャー。加えて「今こそヒップホップ入門」というミニ特集を手掛けています。ここでもキッド・カディ『マン・オン・ザ・ムーン』評を。それと特集「2010年私のベスト5 CD編/映像編」いずれとも参加しています。

「bmr 2011年 1月号」ではN.E.R.D. 『Nothing』マッドコン 『ベギン』のレヴューを担当。加えてキッド・カディの合評にも参加しています。というわけで今月はキッド・カディ担当月間でした。

「CROSSBEAT 2011年 1月号」には「シネマ酒オン・ザ・ロック」が掲載。お題は 『インセプション』。加えて「2010年ベストアルバム」のアンケートに参加しています。

以上、よろしくお願いします。

今さらながら11月の営業報告を。

「映画秘宝 2010年 1月号」では連載コラム「サントラ千枚通し」 に加え、初DVD化の『フォロー・ミー』、そして『ドニー・ダーコ2』評を担当。『ドニー・ダーコ2』は、ドニーの妹サマンサを主役にしたスピン・オフ作で、リチャード・ケリーが一切関与してないダメ映画ではあるんだけど、何だか憎めない。オリジナルでも妹役をやっていたデヴィー・チェイスがかなり美しく成長してるので、アイドル映画好きは観た方がいいかも。しかし”サマンサこそが兄のことを家族の中で最も理解していた”って設定は無理がありすぎ。お前、小学校で勝ち組生活を謳歌していたろ!

小学校時代


高校を出ました。


「bmr 2010年 12月号」ではブルーノ・マーズについてのコラムとChiddy Bang 『The Preview』評とリル・ウェイン 『俺は人間じゃない』のミニレヴューを担当。

「ミュージック・マガジン 2010年 12月号」ではモナレータ 『フライド・スピーカーズ』評を担当。

「CDジャーナル 2010年 12月号」では、「アメリカ学園天国スペシャル」で『キック・アス』をフィーチャー。加えて『プレシャス』評も。

「CROSSBEAT 2010年 12月号」には「シネマ酒オン・ザ・ロック」が掲載。お題はここでも『プレシャス』。

以上、よろしくお願いします。

10月の営業報告

イメージ
「映画秘宝 2010年 12月号」では連載コラム「サントラ千枚通し」 に加え、特集「新世代 海外女優名鑑」に参加。全体の約半分の人選と紹介文を書いています。日本の映画雑誌としては、結構チョイスが早い感じになったと思うんで、女優好きは是非!

「bmr 2010年 11月号」では、ザ・パック『ウルフパック・パーティー』MF Doom『xpektoration...Live Feat. Big Benn Klin』評を担当。

MF DOOM - Rhymes Like Dimes (Live)


「CDジャーナル 2010年 11月号」では、「アメリカ学園天国」が掲載。取り上げたのは、『Gentlemen Broncos』あらため『Mr.ゴールデン・ボール/史上最低の盗作ウォーズ』。ジャレッド・ヘス健在・・・どころか前より”濃くなっている”ことが分かる怪作。これは観てほしい。

Gentlemen Broncos - Official Theatrical Trailer


この作品で最低のSF作家役を演じているジャメイン・クレメントはニュージーランドが誇るコミックソングユニット、Flight of the Conchordsのメンバー。

Flight of the Conchords -  Bowie's In Space

まんまスペース・オディティ!

「CROSSBEAT 2010年 12月号」には「シネマ酒オン・ザ・ロック」が掲載。お題は『ジェニファーズ・ボディ』

Black Kids on Letterman "I'm Not Going To Teach Your Boyfriend How To Dance With You"

ヴォーカルのレジーはフロリダ育ちの黒人なのに完全なロバート・スミス・フォロワーなのだが、もう一人黒人なのにロバ男フォロワーのシンガーを知っている。ネプチューンズ・ファミリーのケンナだ。エチオピア生まれでヴァージニア育ち。

KENNA feat. N.E.R.D ”Say Goodbye To Love”

ファレルの生ドラムは珍しい!

というわけで以上、よろしくお願いします。

9月の営業報告

ぼんやりしていたら月が変わっていた・・・。慌ててメモっときます。

「映画秘宝 2010年 10月号」では連載コラム「サントラ千枚通し」 に加え、特集「異貌の俳優コレクション100」にも参加しています。

「ミュージックマガジン2010年 10月号 」のランダムノーツで「クランクコア」について解説しています。

3OH!3 - MY FIRST KISS feat. Ke$ha

クランクコアは日本のヤンキーとの相性がいいと思う。来年くらい「イオン・モール・ラヴ」という曲名を引っさげて地方都市からJクランクコア・ユニットがデビューするはず。

「CROSSBEAT 2010年 11月号」には「シネマ酒オン・ザ・ロック」が掲載。お題は『愛しのベス・クーパー』

「bmr 2010年 10月号」では、トリッキー『ミックスド・レース』『Madlib Medicine Show No7 High jazz』評を担当。

「CDジャーナル 2010年 10月号」では、『チョーク!』あらため『セックス・クラブ』評を担当。サム・ロックウェルは『月に囚われた男』といい、『Mr.ゴールデンボール』といい、最近ナイスな仕事をしている。

CHOKE - Official Trailer


というわけで以上、よろしくお願いします。

特報!米国版『ラブプラス』をキャメロン・クロウ氏が演出

イメージ
2009年9月3日にコナミデジタルエンタテインメントからニンテンドーDS向けに発売、大ブームを巻き起こした恋愛シミュレーションゲーム『ラブプラス』の米国版を、映画監督キャメロン・クロウ氏(53)が演出することが25日判明した。
早速、『ラブプラス』プロデューサーであるコナミの外田明理氏とキャメロン・クロウ氏に事情を訊いてみた。

外田 最初は、これだけ日本でブームを生んだ商品ですから、米国でも当然イケるだろうと思って、言葉だけを英語に差し替えたバージョンを作ってアメリカの友人たちにプレイしてもらったんですよ。でも「魅力が全然分からない」「俺たちはこんなものじゃときめかない」と。ビックリして「そんなはずはない。日本人はこれをプレイしてみんな甘酸っぱい気持ちになっているんだ!」と怒ったんですけど、「ジャパニーズはともかく俺たちをサワースウィートな気持ちにするのは無理さ」という反応で。「じゃあ、どんなものにときめくんだ? 甘酸っぱい気分になるんだ」と問いつめたところ、口々に「キャメロン・クロウの映画を観るんだな。そうすれば全てが分かるさ」と言うんですよ。わたしは映画に詳しくないもんだから、その日はそのままホテルの部屋に帰ったんですが、偶然テレビでクロウさんの『バニラ・スカイ』が放映されていまして・・・。観て納得しました。これがアメリカ人の求める甘酸っぱさかと。その場でクロウさんに連絡しましたよ。 彼がアカデミー賞も穫っている大物だということは後で知りました(笑)

キャメロン・クロウ  コナミから送られて来たソフトをプレイしてみて驚いたよ。バーチャルな世界で、理想のガールフレンドと永遠に甘酸っぱい時間を過ごす・・・私の『バニラ・スカイ』と全く同じじゃないかって! コナミからは基本コンセプトだけ守れば後は自由にしていいと言われたので、キャラクターは一から作り直した。音楽も妻のナンシーのオリジナルミュージックのほかに、ザ・フーやトッド・ラングレン、ビーチボーイズ、ジョニ・ミッチェルのナンバーを使うことにした。全てのアメリカ人文化系男子が夢中になれるゲームが出来たんじゃないかな。

現状では詳細はまだ秘密とのことだが、今回特別に米国版のヒロインの設定メモをクロウ氏から提供してもらったので、日本語訳しておきたい。

米国版『ラブプラス』のヒロインはこの三人だ! 

ダイアン・コート
年齢は主…

あたしの少女時代(プロトタイプ)

イメージ
もう9月だというのに、体育館の中はあたしの体温よりも熱かった。「バレー部は室内だからラクだよね」ってよく言われる。けど、野球部の男子が熱中症で救急車を呼ぶ騒ぎがおきたせいで、今週の土曜日の校庭での部活は中止になった。だから現時点で大谷中で一番キツいのは女子バレーボール部だ。顧問の金森先生が休みで自主練になったことをいいことにサーブだけやって遊んでいる男子たちのすぐそばで、ウチらはノアが狂ったように投げるボールを代わる代わるレシーブさせられていた。ノア(ウチらの顧問。先輩から受け継いだアダ名なので何でそう呼ばれるか理由は知らないんだけど)は普段からおかしいくせに暑さでさらにおかしくなっていた。
 こんな何の得にもならない部活をやることを薦めたのはママだ。「ママみたいに背が低いとコンプレックスになるわよ。あんたにそんな苦しみを与えたくないの。」ママは何にも判ってない。バレーボールはもともと背が高い子がやるものだ。ママ似のあたしは身長が145.4センチで見事に止まった。たしかにママの言う通り、これはコンプレックスだ。そしてあたしはその苦しみに加えて部活の苦しみも与えられている。それでもこの夏の市大会では、背が高いだけで動きがトロい先輩たちをフォローしようと地面に近いところを駆けずり回って相手のサーブを沢山拾った。おかげでウチらは薬師中に十年ぶりに勝った。先輩たちが受験準備で引退したので、ノアは2学期からはあたしを中心にチームを作るつもりらしい。
 「あれ、お前ら練習休みじゃないの?」 男子バレーボール部のウザ山が媚びるような高い声をあげた。声の先には翔太君や大輝君、航平君たちAグループの男子たちがいた。真ん中にいるのはもちろん拓海君だ。拓海君(あたしは面と向かっては成瀬君としか呼んだことはないけど)はサッカー部のエースで”大谷中の本田”と呼ばれている(6月までは”大谷中の俊輔”だった)。ちょっと山Pに似ている彼は、サッカーもすごいけどカラオケも上手い。去年の秋のお楽しみ会では、さっき名前を挙げた3人と一緒に東方神起を歌って、上級生を含む女子全員とその母親たちの口から溜息を吐かせた。とにかく超盛り上がった。あたしのママなんかそれから一週間「あんな子があんたの彼氏だったらねえ」と言い続けたっけ。今年はEXILEをやるらしくて陰で練習しているようだ。ウザ山は本当はBグルー…

7月の営業報告

イメージ
「レコード・コレクターズ増刊 マイケル・ジャクソン・ワークス」でマイケルの映像作品を紹介しています。

「bmr (ビーエムアール) 2010年 08月号」の特集「続・なにがオモシロくて、何がツマラナイのか? 〜 ヒップホップ/R&Bのいま」に寄稿しています。多分この雑誌で”モリッシー”という人名が出たのはこれが初。またトラヴィー・マッコイ「ラザルス」Rhymefest「El Che」のレヴュー執筆およびエミネム「リカバリー」の合評に参加しています。

Travie McCoy: Dr. Feel Good ft. Bruno Mars (LIVE ACOUSTIC)

話題のハワイ人、ブルーノとレイドバ〜ック! でもこれだとちょっとキマグレンっぽい。

「映画秘宝 2010年 09月号」では連載コラム「サントラ千枚通し」 のほか、『ノトーリアスB.I.G.』、ジョン・ヘダーとビリー・ボブ・ソーントンがガチンコ勝負を繰り広げる『恋愛ルーキーズ』、そしてサンドラ・ブロック姐さんの史上初のオスカー獲得と同時のラジー賞受賞作『ウルトラI LOVE YOU!』のレヴューも担当。

"A House Is Not A Home"from 『PROMISES, PROMISES』

「サントラ千枚通し」 でも取り上げた 『PROMISES, PROMISES』より。『glee』にも出ていたクリスティン・チャノウィスが熱唱。

『PROMISES, PROMISES』挿入曲といえば「Turkey Lurkey Time」もイイ曲。

ミュージカル俳優志望のティーンを集めたサマーキャンプを描いた映画『キャンプ!』より。モデルになった「ステージ・ドア・マナー」(ロバート・ダウニー・ジュニアもここの出身)は、現在『glee』に感化されたティーンからの応募が殺到して大変なことになっているらしい。『glee』ファンなら観るべき映画。

「CDジャーナル 2010年 07月号」にはドレイク『サンク・ミー・レイター』エミネム『リカヴァリー』、バーニー・マックとアイザック・ヘイズの遺作になってしまった『ソウルメン』評を担当。

「CROSSBEAT 2010年 09月号」には「シネマ酒オン・ザ・ロック」が掲載。お題は『ノトーリアスB.I.G.』

「ミュージックマガジン2010年 08月号 …

6月の営業報告

「映画秘宝 2010年 08月号」では連載コラム「サントラ千枚通し」 のほか、『BIRD★SHIT』と『ハロルドとモード/少年は虹を渡る』のリバイバル上映の紹介とそれに伴う「DVDでは観られない70s & 80s 珠玉の青春映画Best10」の選出と文章を担当しています。『When In Rome』あらため『みんな私に恋をする』のレヴューも担当。

文中でも触れた『チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室』と『ハロルドとモード/少年は虹を渡る』の相似点について。

Harold And Maude Trailer


Charlie Bartlett Trailer

雰囲気似せてるー。もっともヒロインは老女じゃなくて同級生だけど。

『チャーリー・バートレット』で『ハロルドとモード』挿入曲「If you want to sing out, sing out」を唄うカット・デニングス

ちなみにスターク社長が涙ぐんでいるのは彼女の父親役だからです、念のため。

「CDジャーナル 2010年 07月号」には「アメリカ学園天国」が掲載。お題はエマ・ロバーツ主演の『ワイルド・ガール』。ほかに『恋するポルノグラフィティ』評を担当。

「CROSSBEAT 2010年 08月号」には「シネマ酒オン・ザ・ロック」が掲載。お題は『(500)日のサマー』

『アメリカン・アイドル』にホール&オーツ登場。唄うはもちろん「You Make My Dreams」


「ミュージックマガジン2010年 07月号 」ではメイシー・グレイ「ザ・セルアウト」のレヴューを担当。

Macy Gray - Kissed It (with Jools Holland)


以上、よろしくお願いします。

5月の営業報告

イメージ
「週刊SPA!」 5/18号でアンヴィルのインタビューを担当。イイ人たちでした。

「ミュージックマガジン2010年 06月号 」では特集「ゼロ年代アルバム・ベスト100(洋楽編)」のアンケートに参加、アウトキャスト「Speakerboxxx/The Love Below」とリル・ウェイン「Carter Ⅲ」(それぞれ何位かは読んでのお楽しみ)の紹介を行っています。

「映画秘宝 2010年 07月号」では連載コラム「サントラ千枚通し」 のほか、特集「運動音痴のためのスポーツ映画入門」で、「サッカー」と「学園映画」部門を担当しています。

「CDジャーナル 2010年 06月号」では『メグ・ライアンの男と女の取扱説明書』評を担当。

「CROSSBEAT 2010年 07月号」には「シネマ酒オン・ザ・ロック」が掲載。お題は『イングロリアス・バスターズ』

以上、よろしくお願いします。