8月の営業報告

「映画秘宝2011年10月号」では、サントラレビューのほかに、『ランナウェイズ』と、グウィネス・パルトロウ、ギャレット・へドランド、レイトン・ミースターによる”歌うまい選手権映画”『カントリー・ストロング』評を担当。また「アメリカン・コメディの現在」という長めのテキストも書いています。ここ数年の流れを網羅した原稿だと思うので、コメディ好きはぜひ!

『Easy-A』予告編

学園映画クラシックへのオマージュに満ちた佳作なので、せめてDVDスルーを!

「bmr 2011年9月号」では、ジェイZとカニエ・ウエストの『Watch The Throne』リリースに至るまでの歴史を物語風に書いています。

Jay-Z, Kanye West - Otis


「CROSSBEAT 2011年10月号」には「シネマ酒オン・ザ・ロック」が掲載。お題は『エンジェル・ウォーズ』

「CDジャーナル 2011年 9月号」では、「アメリカ学園天国」が掲載。お題は『ソーシャル・ネットワーク』。また岡村靖幸特集で『禁じられた生きがい』評を担当しています。

「MUSIC MAGAZINE 2011年 9月号」では、ティム・ロビンスの歌手デビュー作『ティム・ロビンス・アンド・ザ・ロウグス・ギャラリー・バンド』評を担当。またランダム・ノーツのコーナーで「ジャーク」について解説しています。

Tim Robbins and the Rogues Gallery Band - You're My Dare

見ての通り、ガチ。決して”役者ロック”ではない。

以上、よろしくお願いします。
on 8/21/2011 by 長谷川町蔵(はせがわまちぞう) |