10月の営業報告


「文化系のためのヒップホップ入門」、おかげさまで増刷が決定しました。購入された方およびプッシュしてくれている各書店の皆様に感謝を。写真は渋谷タワーブックスの特設コーナー。

「bmr  2011年11月号」では、表紙の男ドレイクについて長めの伝記(?)を書いています。

Drake - Marvins Room

もはや揺るがないドレイク節。この内省っぷりが今の気分だ。

斉藤和義が表紙の「MUSIC  MAGAZINE 2011年11月号」では、キャメロン・クロウ監督のパール・ジャムのドキュメンタリー『PJ20』
デヴィッド・リンチのソロアルバム『Crazy Clown Time』評を書いています。

Pearl Jam Twenty Trailer

ザ・フー命のクロウは、当然のことながら本作を撮るにあたって『キッズ・アー・オールライト』を参考にしたという。

そのデヴィッド・リンチが表紙の「CDジャーナル 2011年11月号」で、「アメリカ学園天国」が掲載。お題は『スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション』。ほかにスパンク・ロック『エヴリシング・イズ・ボーリング・アンド・エヴリワン・イズ・ア・ファッキング・ライアー 』評も。

'SCREAM 4' Trailer

試写で観たけど、さすがに素晴らしい出来だったので是非!

宇宙人ポールが表紙の「映画秘宝2011年12月号」では、サントラレビュー(今回はプログレ特集!)のほかに、『glee』の紹介、ブラッドリー・クーパーのお蔵出し主演作「私が幸せになる恋のルール」評を書いています。

これがサントラレヴューで触れている『リストマニア』の予告編だ!

今年はリスト生誕200周年なので、てっきり再上映するもんだと思っていたのに・・・。

眉毛兄弟(兄)が表紙の「CROSSBEAT 2011年12月号」には「シネマ酒オン・ザ・ロック」が掲載。お題は『somewhere』

Gwen Stefani - Cool

イイ曲。実はダラス・オースティン仕事なんだよね、これ。

そして、msnエンタメのページで「アメリカの未発表コメディーが面白い!」でバディー・ムービーについて書いています。

以上、よろしくお願いします。
on 10/22/2011 by 長谷川町蔵(はせがわまちぞう) |  

「文化系のためのヒップホップ入門」刊行イベントのお知らせ

「文化系のためのヒップホップ入門」の刊行イベントがふたつ決定しました。
場所はどちらも東京のウェッサイ、新宿です。

  「ヒップホップと音楽の未来」
■2011年10月22日(土)開演18:30(開場18:00)
会場 ジュンク堂書店新宿店 8階カフェ
出演 長谷川町蔵、大和田俊之、ゲスト・佐々木中(作家・哲学者)
◇定員 40名
◇入場料 1,000円(1ドリンク付き)
 ◇参加ご希望のお客様は7Fカウンターにてお申し付けください。
電話でのご予約も承ります。
お問合わせ先:ジュンク堂書店新宿店 電話:03-5363-1300

「オトナの文化祭-文化系のためのヒップホップ入門」
■2011年11月3日(祝)開演18:00
会場 朝日カルチャーセンター 新宿教室(新宿住友ビル)
出演 長谷川町蔵、大和田俊之
◇受講料 1,000円
◇お問合わせ先:朝日カルチャーセンター 
電話:03-3344-1941 

なるべく内容を変えて話せたらと思ってます。よろしく!
on 10/07/2011 by 長谷川町蔵(はせがわまちぞう) |  

「文化系のためのヒップホップ入門」が発売されました!


「文化系のためのヒップホップ入門」がアルテスパブリッシングから発売されました。

共著者の大和田俊之さんは、慶応大准教授でアメリカ文学の研究者にして、「アメリカ音楽史 ミンストレル・ショウ、ブルースからヒップホップまで」というアメリカ音楽史を俯瞰する素晴らしい本を書いた気鋭の音楽研究者でもあります。
本は、二人がヒップホップの歴史とその裏側を語っていく対談形式になっています。
主に、ヒップホップについては門外漢の(もしくはある時期までは聴いていたけど、途中で分からなくなって聴くのを止めてしまった)洋楽ファンを対象に書かれていますが、ヒップホップ・ヘッズも読んで損はない本に仕上がったんじゃないかと。2000年代以降のシーンについて触れた本も、ヒップホップの通史とディスクガイドがコンパクトに1冊にまとまっている本も珍しいと思うので。
大和田さんの紹介する学界における最新の研究成果、そして「ハイスクールU.S.A.」同様に無駄なトリビアも満載なので、気楽に読んでいただければ有り難いです。
イベントも幾つか予定してますので、よろしく!

「文化系のためのヒップホップ入門」
目次
ヒップホップの壁を越えて introduction
第1部 ヒップホップの誕生
ブロック・パーティ期/オールドスクール期
第2部 イーストコースト
第2世代の登場/サンプリングによるトラック作り/ラップは何を言っているのか?/パブリック・エネミーとネイティヴ・タン
第3部 ウェストコースト
ギャングスタ・ラップ登場/ギャングスタ・ラップのサウンド/西海岸のアンダーグラウンド・シーン
第4部 ヒップホップと女性
第5部 ヒップホップ、南へ
ヒップホップ・ソウル/ティンバランドのサウンド革命/南部の時代
第6部 ヒップホップとロック
第7部 ヒップホップの楽しみ方

CDガイド100
オールドスクール~エレクトロ期/イーストコースト/ウェストサイド/ヒップホップ・ソウル~サウス/ヒップホップの現在/

コラム
シグニファイング──“もの騙る猿”について/アフロ=フューチャリズム/アフロ=アジア的想像力/ビーフの歴史/サンプリングと著作権/ライム(押韻)と詩の伝統
on 10/06/2011 by 長谷川町蔵(はせがわまちぞう) |