1月の営業報告


写真はマカオの空港で見かけた韓国資本のカジノの宣伝ポスター。イメージキャラは『カジノ』主演俳優。楽な仕事してんなあ〜。


「映画秘宝 2014年 03月号」ではDVDスルー作の青春&コメディ部門とサントラベスト10の選出を担当しています。作品ベスト10のアンケートにも参加してますが、総合ベスト10とのダブリは2作だけでした。
その他「秘宝」ではデヴィッド・O・ラッセルの新作『アメリカン・ハッスル』(個人的には『プレイブック』より断然イイ)と『Identity Thief』あらため『泥棒は幸せの始まり』の紹介を担当しています。

『泥棒は幸せのはじまり』予告篇


1/31発売のFRIDAYに同じ日に公開される『アメリカン・ハッスル』の紹介文を書いています。『ウルフ・オブ・ウォールストリート』と『ザ・イースト』とこの日公開の洋画は要チェック作ばかりですが是非。

Steely Dan - Dirty Work

『アメリカン・ハッスル』のタイトルバックに流れるのはこの曲。


「ミュージックマガジン 2014年 02月号」ではでは、アリアナ・グランデのアルバム評と特集「2014年はこれを聴け!」に参加。


Music Unlimitedに「長谷川町蔵のサウンド・トラック野郎 第2回」がアップされています。今回は 「白い恋人たち」から「南極物語」まで冬およびウィンタースポーツ縛りで選曲。

Prince - The Song of the Heart

ペンギンが魚の乱獲を憂慮するアニメ『ハッピーフィート』サントラより、殿下の隠れ名曲。


その殿下87年のライブ映画『サイン・オブ・ザ・タイムズ』の劇場パンフで、彼の映画主演作とプリンス・ファミリーについてのコラムを書いています。このパンフ、荒木飛呂彦&安斎肇両先生のインタビューが載ってたりとえらくゴージャス。

Vanity 6 - Nasty Girl

殿下が送り出したガールズトリオのヒット曲。安っぽいけどそこがイイ。


ソニーVaioの連載が更新されています。


公開中の『なんちゃって家族』の劇場用パンフで、コラムと「なんちゃって小ネタ集」というネタ帳みたいな文章を書いてます。ヒドいギャグ、イイ話、俳優たちのツボを得た演技の3拍子揃った快作コメディなので是非劇場にお越し下さい。

『なんちゃって家族』予告編

俳優陣はみんなイイんだけど、特にエマ・ロバーツは演技のコツみたいなものを掴んだ気がする。


表紙のモーニング娘。に倣って雑誌名に'14が付いている「CDJournal2014年 2月号」でも『なんちゃって家族』を紹介。


1/31発売の「文藝別冊 追悼ルー・リード」にコラム「白いソウルマンとしてのルー・リード」を書いています。

The Jades - Your Love

ルー・リードがヴェルヴェッツ結成よりずっと前にリリースしたシングル。いかにもニューヨーク生まれのユダヤ系が歌いそうなホワイト・ドゥワップ。


3月29日に、新宿の朝日カルチャーセンターで「アメリカ学園映画講座」をハイスクールU.S.A.コンビでやります。


以上、よろしくお願いします。

今週のTOP5


『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
試写で鑑賞。札束、コカイン、乳&尻が飛び交う『カジノ』以来の”熱い”スコセッシ映画。『ボードウォーク・エンパイア』でも組んだ脚本家テレンス・ウィンターがスコ爺を回春させた。そして我らがジョナ・ヒルが”あの頃”のジョー・ペシくらい素晴らしい!




ザ・タイガース 2013 LIVE in 東京ドーム
BSで鑑賞。サポートメンバーなしってのがスゴい。プレイヤーとしてはやはり岸部一徳のベースがいい。 前半は「サティスファクション」や「アンダー・マイ・サム」といったストーンズ・ナンバーをはじめとするカバーで、後半はすぎやまこういち作曲のヒットチューン。ネット右翼のカリスマとなったこういちと護憲派の星ジュリー。かけ離れた思想の二人による、時を超えた邂逅。 それにしても岸部シローの「イエスタデイ」の何と心に染み入ることよ・・・。


『ハウス・オブ・カード』
 録画していたデヴィッド・フィンチャー製作、ケヴィン・スペイシー主演の政治ドラマをようやく完走。スペイシー扮する下院の大物が悪事の限りを尽くしてるのに出世していくという話。 もしこれが日本のテレビで放映されたら、「本当の政治家はこんなことしない」「俺たちの子どもが学校でイジメられたらどうするんだ」等と政治団体から苦情が寄せられてスポンサーが降板して放映中止になるはず。実はこの番組も米国のテレビ局ではなく、ネットフリックスが製作した番組ではある。 日本にもネットフリックスみたいなサービスがあればいいのに。そういう場所で野島伸司はやりたい放題すればいいんじゃないかな。作品自体の善し悪しは視聴者が判断すればいいということで。



ダブルアールエル
表参道のラグビー跡地に出来たオンリー・ショップにようやく行ってきたんだけど最高だった。店員のファッションが全員マムフォード&サンズのよう。価格には目眩がしたけれど。


『オンリー・ゴッド』
 『ドライヴ』コンビの新作。『ハングオーバー2』との2本立てで観たい”バンコクの闇に飲み込まれた男”の物語。今回も12チャン感ハンパない!但し本作に限っては、ゴズ兄より井川比佐志似のウィタヤー・パーンシーガームの方が遥かにカッコいい。東映は『オンリー・ゴッド』をリメイクしてVシネマ『新宿ドス処刑人』シリーズを作るべきだ。毎回、冴えないオッサンがイケメンをボッコボッコにして、ラストは必ずカラオケを熱唱!

シネマ酒オン・ザ・ロック「ハングリー・ハート」


 謎の伝染病によって、人類が次々とゾンビ化し始めた近未来。廃墟で仲間と暮らすゾンビの”R”(彼は生前の記憶が殆ど無く、名前の頭文字しか覚えていないのだ)は単調な日々を送っていた。そんなある日、人間を狩りに出た先で彼はキュートな人間女子ジュリーと出会う。かつてない感情を覚えたRは、ひとり逃げ後れた彼女を食べないどころか匿って、仲間から守りきろうとする‥‥。

 アイザック・マリオンのヒット小説『ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語』『50/50 フィフティ・フィフティ』の監督ジョナサン・レヴィンが映画化した『ウォーム・ボディーズ』はおそらく映画史上、最も奇妙なゾンビ・ムービーだろう。コメディ仕立てのゾンビ・ムービーというだけなら、『ショーン・オブ・ザ・デッド』や『ゾンビ・ランド』だってある。

 でも本作の変化球ぶりは群を抜いている。何しろ主人公は人間ではなく、悪役のはずのゾンビの方。しかも彼は人間の女子に恋してしまう。つまり本作は”ゾンビ・ミーツ・ガール”なロマンティック・ゾンビ・ラブコメなのである。もしこの映画を観たあとにブラッド・ピットがゾンビを駆逐しまくる『ワールドウォーZ』を観たなら、「ゾンビの人権を無視している!」と思うはず。そして映画は「ゾンビは人間の脳を食べると、食べた相手の記憶を追体験出来る」という本作オリジナルの設定と、ラブストーリーの古典中の古典『ロミオとジュリエット』へのオマージュを交えながら描かれていく。これをヘンと言わずに何と言おう?

 ただし、ゾンビ・ムービーの創始者であるジョージ・A・ロメロが、一貫してゾンビという存在を現実世界の合わせ鏡として描いていたことを考えると、超王道作なのかもしれない。なぜなら本作は、「コミュ障の男子がリア充の美少女のハートをゲットするにはどうすれば良いか」を説いた映画として観れるからだ。ジョナサン・レヴィンも明らかにそういう解釈を意識しながら映画を撮っている。

冒頭、廃墟に閉じこもり、人間を喰べるという目的だけで結びついたゾンビ仲間と暮らす主人公は、まるで“ヲタモダチ”に囲まれたオタクのようだ。だがそんなRは、圧倒的な他者であるジュリーと関わることによって徐々に人間らしくなっていく「恋をするんだ、若者よ。さもなければお前は死人と同じだ」本作にはそんなメッセージが込められているのだ。

 Rを演じているのは『シングルマン』や『ジャックと天空の巨人』のイケメン、ニコラス・ホルトなので、単にゾンビメイクから本来の姿に戻っていっているだけなのだけど、それでも『アイ・アム・ナンバー4』のテリーサ・パーマー扮するジュリーと徐々にイイ感じになっていく様子はぐっと来る。

 そんな二人の距離が一気に縮まるきっかけを作るのが、オールドロックのアナログ・レコードだ。実はRはオールドロックに詳しい。人間時代の記憶をほとんど失いながらも「より人間らしい音がするから」という理由で、CDではなくアナログ・レコードを集めて密かに愛聴していたからだ。ゾンビなのでモゴモゴとしか喋れないRは、言葉でなくロックナンバーの歌詞を使って自分の想いを伝えようとする。

 「誰もが満たされない想いを抱えている/誰もが落ち着ける場所を求めている/誰もが家を求めている/誰が何と言おうと同じだぜ/孤独が好きな奴なんているわけがないのさ/そうさ、誰もが満たされない想いを抱えている」

 ボロボロのステレオから、ブルース・スプリングスティーン80年のヒット・シングル「ハングリー・ハート」が流れだす。その瞬間、ジュリーはRに好意を抱いている自分に気づくのだ。

『ウォーム・ボディーズ』予告編



Bruce Springsteen-Hungry Heart

今週のTOP5


ゴールデングローブ賞授賞式でのエイミー・ポーラーとティナ・フェイ 
昨年に続いての司会登板。セス・マイヤーズをはじめとする『SNL』ライターチームが台本を書いているだけあって(そして二人も優れたライターである)キレのあるラインがいっぱいあって最高だった。 

「『ゼロ・グラビティ』。同世代の女と一緒にいるなら宇宙に消えた方がマシ。そう考えたジョージ・クルーニーが実行に移す映画です。」
「今年のセシル・B・デミル賞(巨匠に贈られる生涯功労賞的な賞)はウディ・アレンに贈られます。ちなみに昨年はマーティン・スコセッシに贈られました。大きいメガネをかけた小さな男に贈られる賞です。」
「さあ、スーパーモデルのヴァギナのように温かくこの人を迎えましょう、レオナルド・ディカプリオ!」 


シャーマン兄弟
『ウォルト・ディズニーの約束』を観て、ジェイソン・シュワルツマンとB・J・ノヴァクが演じていた作詞作曲家チームの偉大さをあらためて痛感。「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」も「チキ・チキ・バンバン」も「小さな世界」もこの人たちの仕事!

John Coltrane - Chim Chim Cheree

映画が公開された1年後にカバー。はやっ!


  『ビフォア・ミッドナイト』
リチャード・リンクレイターにはいかにもテキサス出身らしいボンクラ・サイド(白リンクレイター)と、欧州志向のスノッブ・サイド(黒リンクレイター)の2つの面が作品ごとに顔を出す。ぼくは後者が苦手で、特に『ビフォア』シリーズは黒リンクレイター路線を代表する作品と思っているのだが、その第三弾がまさかの快作で驚いている。ダイアローグも冴えてるし、二人のルックスの劣化が作品に味わいを与えている(だからと言って前2作まで良かったことにはしないけどな)。近年の『バーニー』、そして本作を観ると白と黒がイイ感じで融合しつつあるのかもしれない。そう、人生は白黒つけられるものじゃない。



ノースフェイスのフリースベスト

突然気がついた。今って真冬じゃん!もっと早く買っとくべきだった・・・。


「大改造!!劇的ビフォーアフター 台所でシャワーを浴びる家」
1年近く前に予告編だけオンエアされて以来、音沙汰がなかったパリのアパルトマンをリフォームする企画が遂に前後編でオンエア。フランスの住宅事情、職人たちの美味そうな昼ご飯(ナイフを持って来てその場でタマネギをスライスしてる!)、その職人たちに混じって働く施主アランさんの献身ぶり、そしてボートハウス訪問など見応えがあった。さあ、今週は後編だ!

今週のTOP5


「佐野元春のBack to the Roots ~ビートの原点を探す旅」
年末に録画していたBS JAPANの佐野元春の番組。ビート・ジェネレーションについて語った番組かと思いきや、これが文字通りのビートの起源を訪ねる音楽番組だった。マンハッタンからブルックリン、そしてウッドストックでのジョン・サイモンとのセッションを経て、炎天下のトリニダード・トバゴでスチールドラムの練習を6時間!最後はセネガルの奴隷市場跡地でがっくりと肩を落とすモト。見応えがありました、そしてお疲れさまです。




『ザ・イースト』
今年の試写会初めはこの映画。”女シャマラン”または”美女の皮を被った中2男子”ことブリット・マーリング(脚本&主演)の作家性が爆発した一本でした。




『ジャッカス/クソジジイのアメリカ横断チン道中』
これも試写で鑑賞。”ジャッカスによる『ボラット』への回答”的な半ドキュメンタリーロードムービー。ギャグは相変わらずだけどわりとイイ話なんだよね〜。




「ボードウォーク・エンパイア3 欲望の街」
シーズン3がようやくスタート。新たな敵、ジップ・ロゼッティの喧嘩番長ぶりに早くも目が離せない。日本ではいまいち盛り上がってないけど最高なのでみんな是非観てほしい。




「伝説の企業家~アメリカをつくった男たち」
その『ボードウォーク・エンパイア』に明らかに影響を受けて作られたと思われる歴史再現ドラマ。それぞれ米国における鉄道、石油、鉄鋼、電力、自動車産業の礎を築いたヴァンダービルト、ロックフェラー、カーネギー、モルガン、フォードをまるでギャングのように描いたピカレスク・ロマン仕立てにシビれた。電力を巡るエピソードではエジソンとニコラ・テスラも登場!

長谷川町蔵360°

 De La Soul - Me, Myself And I
 

拙著「文化系のためのヒップホップ入門」で「ヒップホップ史上、初めて鍛えていないデブが現れた」と評したデラ・ソウルですが、そのメンバーであるDJのメイスに大ニュースが!
何と彼の息子で、オーバン大学に在学中のトレ・メイソンがアメフト部のラインバックとして大活躍。カレッジで最も優れたアメフト選手に贈られる栄誉あるハイズマン賞を獲得したそうです。NFL入りは確実。どうよ、このキレキレの走りっぷり!



「もっぱら母の遺伝子を受け継いだ」「父は鍛えてなかったけど実はアスリートの素質があった」という説も考えられなくもないけど、「アスリートとしても相当のものだったが敢えてミュージシャンの道を選んだ」と考えた方が妥当である。
というわけで、該当文章を「ヒップホップ史上、初めて鍛えていないように見えるデブが現れた」に訂正させて頂きます・・・でも何か納得がいかない。


メイスとトレ・メイソンの父子2ショット。息子の方がイケメン!やはり母の遺伝子が強かったのか・・・。

ちなみにスヌープ・ドッグの息子コーデル・ブローダスも高校アメフト界でレシーバーとして大活躍中。来年高校卒業なのに既に大学から幾つも授業料免除のリクルートを受けてるらしい。スヌープはいかにも運動神経ありそうなので、これには納得。将来、NFLでヒップホップ東西対決が観られるかもしれない。


ウェス・アンダーソン新作『THE GRAND BUDAPEST HOTEL』予告編第二弾。


アダム・サンドラーとドリュー・バリモア三度目の共演作『Blended』予告編。
今回は、子連れ同士の恋ということでファミリー映画仕様なんだけど、それでも二人の相性の良さは際立ってる!
 


マーヴェル映画のヒーロー「アントマン」の主役にポール・ラッドが抜擢。監督はエドガー・ライト!でもコメディではないのだそう。とりあえず『アベンジャーズ3』あたりでスターク社長と絡んでくれたら嬉しい。


『LIFE!』では美味しい役を演じていたショーン・ペンと、元嫁ロビン・ライトの娘ディランが、GQでグラビアデビュー。オカンそっくりだが母にない色っぽさアリ。本国ではGapのモデルをやっているらしい。


クエストラブが来日時にディスクユニオンでハンパない鬼買い。

DJプレミアが選んだ2013年の20曲
有名曲の合間に何気にぶちこまれている東海岸アンダーグラウンド産の曲、聴かなきゃ。


ブリトニー・スピアーズのラスヴェガス公演の最前列で、マイリー・サイラスが超浮かれてる!
 
現行プレッピー・ファッション・シーンの旗手キール・ジェイムス・パトリックが、ビジネスパートナー兼恋人のサラに先祖の地アイルランドで遂にサラにプロポーズ。大袈裟!そして伝説的なプレッピー婚の幕が開いたのだった・・・ 。
ソランジュがブルックリンからニューオリンズに引っ越していたことを知った。古い一軒家をリフォーム。家の値段は約5000万円で息子は公立に通わせてるというセレブらしからぬ感覚を持つ彼女は、姉貴より圧倒的にオシャレさんである。


建築エコノミスト 森山のブログ
ザハが設計した新・国立競技場の問題点について詳しく知りたい方は是非この分りやすく面白い文章を読んで欲しい。マジとんでもない計画なので。

今週のTOP5

ル・ポミエの干支シュークリーム 

下北沢の外れに立つ名店は、毎年1月にその年の干支のかたちをしたシュークリームを発表し続けていて、ちょうど子年から買い続けている。今年のデザインは結構攻めてきた!味はバナナクリーム・テイストでちょっと懐かしい感じ。


ロバート・グリーンフィールド「アトランティック・レコードを創った男 アーメット・アーティガン伝」
これまでアトランティック・レコードというと、スタックスやアレサのマッスルショールズ録音といった副社長ジェリー・ウェクスラー絡みのエピソードばかり語られてきた感があるけど、創業者で社長のアーメット・アーティガンの伝記であるこの本を読んで初めてレーベルの全体像が分った気がする。ビートルズの米国進出によって白人ティーンの購買層を失ない、存亡の危機に立たされた中小企業としてはロックに打って出るしかなかった。そしてその挑戦を主導し、バッファロー・スプリングフィールドやレッド・ツェッペリンを売り出すことに成功したのはアーティガン社長だったのである。


マカオの窓
年明けにマカオに旅行。現地では建物の窓ばかり見ていた。ポルトガルと中国とトロピカル趣味が混じり合ったそのデザインにただひたすらニヤニヤしていたのだった。












コロアン・ヴィレッジ





マカオ南端のいなたい街でひたすら弛緩。名物、ロード・ストーズ・カフェのエッグ・タルトはさすがに美味かった。


ウィン・マカオの噴水

最高! 背後のリスボア・ホテルのネオンもバカバカしくて素晴らしい。今度行くときはあそこに泊まりたい。