投稿

5月, 2014の投稿を表示しています

「21世紀アメリカの喜劇人」追記<後編>

イメージ
「21世紀アメリカの喜劇人」第2章と第3章補足の後編(前編はこちら)。

今回は若手中心の編成になって新時代へと突入した今期のSNLメンバーを在籍期間順に紹介するとともに、今期の活躍を勝手に査定してみたい。なおhuluで字幕放送があった前期と違って、字幕無しの絶望的な状況で視聴した感想であることを付け加えておく。


 キーナン・トンプソン

1978年アトランタ生まれ。元々子役でニコロ・オデオンの子ども向けコメディに出演する傍ら、『マイティ・ダックス』シリーズなどに出演。2003年にSNL入り。得意キャラはスティーヴ・ハーヴェイ、チャールズ・バークレイ、リック・ロスなど。 毎回、大オチ担当からモブキャラまでフル稼働している番組の大黒柱。長いキャリアに裏打ちされたパフォーマンスの安定感はピカイチ。在籍期間が10年を超えているので、来期あたりで卒業するんだろうけど、この人がいない状況はまだ考えづらい。

ベスト・パフォーマンス:南アフリカの適当な手話通訳


 ボビー・モイナハン

1977年ニューヨーク生まれ。コネチカット大で演劇を学びアップライト・シチズン・ブリゲイトで活躍。2008年にSNL入りを果たした。得意キャラはうろ覚えでニュースを解説する人(ギャグ構造はナイツのヤホー漫才に似てる)など。キーナンと並び毎回至るところに登場するバイ・プレイヤー。上品なルックスが多い現キャストの中で唯一ホワイト・トラッシュを演じられるという意味でも貴重な存在だ。 

ベスト・パフォーマンス 「Weekend Update」の酔いどれオジさん


今期入った新人にキーナンやボビーのような”ヨゴレ役”が出来る人がいなかったので、二人の負荷はとても高かった。でも頑張ったと思う。 


ナシム・ペトラード

番組史上初(且つ唯一)のイスラム圏出身(1981年イランのテヘラン生まれのLA育ち)。UCLA卒業後、グラウンドリングスでの活動を経て2009年にSNL入り。得意キャラはアリアナ・ハフィントンや子ども全般。大オチを任されることもあり、それなりに活躍していると言えるのだが、在籍期間中ずっと怪物クリステン・ウィグがいたため、ちょっと伸び悩んだ気がする。今期を最後にSNLの元ライター、ジョン・ムレイニーがFOXで立ち上げたコメディ・ドラマ「ムレイニー」にレギュラー出演するためおそらく卒業する予定。 

ベス…

「21世紀アメリカの喜劇人」追記<多分前編>

イメージ
「21世紀アメリカの喜劇人」が刊行されてから1年が経った。その間にテレビ界に大きな人事異動があったので第2章と第3章の追記代わりにメモしておく。

デイヴィッド・レターマン

 「笑っていいとも!」と同じ1982年にスタートした前身番組『レイト・ナイト・ウィズ・デイヴィッド・レターマン』を含めると32年間平日の深夜帯番組の司会を続けてきた生ける伝説が、2014年4月、CBSの夜の帯番組『レイト・ショウ』を来年に降板すると宣言した。全米では早くも”レターマン・ロス”を心配する声が。


スティーヴン・コルベア

『レイト・ショウ』の後任司会に抜擢されたのはこの人。1964年ワシントンD.C.生まれ。ノースウェスタン大学卒業後、ImprovOlympicやセカンド・シティを経て『ザ・デイリー・ショー』でブレイク。2005年からスタートしたコメディ・セントラルの『ザ・コルベア・レポー』でアホな保守派の論客を演じ続けていた。

来年、同時間帯で戦うことになるジミー・ファロンの番組で、ザ・ルーツをバックにレベッカ・ブラック「Friday」を熱唱するスティーヴン・コルベア


ジェイ・レノ

レターマンのライバル、ジェイ・レノの方は、既に2月に1992年から司会を続けてきたNBC『トゥナイト・ショー』を降板。2010年に起きたコナン・オブライエンとの一件(オブライエンにトゥナイトショーを譲って前の時間帯を移ったものの、視聴率が悪かったことから出戻って結果的にオブライエンをNBCから追い出してしまった)があったため、レノの退任を惜しむ声はあまり起きず。レターマンをタモリとするなら、彼はみのもんたという感じか。


ジミー・ファロン

その『トゥナイト・ショー』を継いだのは1998年から2004年まで『サタデー・ナイト・ライブ』(SNL)に出演していたコメディ俳優のジミー・ファロン。2009年から『トゥナイト・ショー』の後ろの時間帯で『レイト・ナイト・ウィズ・ジミー・ファロン』を司会しており、バックバンドのザ・ルーツを含めたキャストやスタッフがそのまま『トゥナイト・ショー』に移ってくる形になった。ともかくファロンは39歳にして国民的番組の司会者になったことになる。

アン・ハザウェイとヒップホップ名曲をブロードウェイ・ミュージカル風に歌うジミー・ファロン


セス・マイヤーズ

ファロン達が去った『レ…

4月の営業報告

イメージ
先日、町田に行った際に知ったんだけど、1月に閉店した老舗喫茶店「プリンス」が5月に「The Cafe Prince」という名でリニューアル・オープンするらしい。但し経営自体は町田〜相模原を拠点とする居酒屋チェーン「キープウィルグループ」が担当、サイトを見る限りは甲冑やシカの剥製は店内に残りそうもない。残念だ……。
そんな「プリンス」をネタにした掌編「プリンス・アンド・ノイズ」を、枝野幸男氏寄稿で話題の「ウィッチンケア第5号」に書きました。 ちなみに「あたしの少女時代」のスピンオフでもあります。


「アルテス電子版」に大和田俊之さんとの「文化系のためのヒップホップ通信」が掲載。今号は2013年のシーン振り返りの後編。


「ENGLISH JOURNAL 05月号」に「シネ曼荼羅〜ベイビー」第2回が掲載。取り上げた映画は『ワールズ・エンド』。


「キネマ旬報 2014年4月下旬号」ではその『ワールズ・エンド』を監督したエドガー・ライトについて書いています。

Primal Scream - Loaded

冒頭のセリフのサンプリングが作品のテーマを代弁する『ワールズ・エンド』テーマ曲。


ソニーセレクトの連載が更新されています。


「CREA (クレア) 2014年 05月号」に映画コラムが掲載。今回取り上げた女芸人はメリッサ・マッカーシー。リニューアルして以降の「CREA」さんは結構攻めてますが、ぼくも負けじと攻めています。

『泥棒は幸せのはじまり』予告編


「POPEYE (ポパイ) 2014年 05月号」の「本と映画」というコーナーでインタビューを受けました。文字通り本と映画をレコメンドしています。


「ミュージックマガジン 2014年 05月号」ではケリスの新作紹介とバッドバッドノットグッドのレヴューを担当。

Kelis - Jerk Ribs

単なるレトロソウルじゃなくてホーンがフェラ・クティっぽいところがイイ。


「クイック・ジャパン Vol.113」で『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』を紹介しています。


「CDJournal2014年 5月号」の連載「アメリカ学園天国」で『アドミッションー親たちの入学試験ー』を紹介。いずれ日本の大学もこの映画で描かれているような入試システムになる予感……。

「映画秘宝 2014年 06月号」ではいつものサントラコラムに加えイ…