6月の営業報告


ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2014年 07月号 に映画コラム「シネ曼荼羅〜ベイビー」が掲載。取り上げたのはウェス・アンダーソンの『グランド・ブダペスト・ホテル』です。


「CREA 2014年 07月号」に「長谷川町蔵のGREAT CINEMA」が掲載。今回は『ディス・イズ・ジ・エンド』DVDリリースを勝手に記念してジェームズ・フランコについて書いています。

『ディス・イズ・ジ・エンド』予告編


「ぴあ Movie Special 2014 Summer」ではノア・バームバックの新作『フランシス・ハ』のレヴューを担当しています。


洋画専門チャンネル ザ・シネマのサイト内「シネマ解放区」のコーナーにジェイソン・フリードバーグ & アーロン・セルツァーについてのコラムを書いています。


「クイック・ジャパン Vol.114」でスパイク・ジョーンズ新作『her/世界でひとつの彼女』を紹介しています。


「キネマ旬報 7月上旬号」 でも、『her/世界でひとつの彼女』が公開間近のスパイク・ジョーンズについて作家論な文章を執筆。

『her/世界でひとつの彼女』予告編



VAIOパーソナルコンピューター/Sony Select のコラムが更新されています。


「CDジャーナル7月号:に「アメリカ学園天国」が掲載。今回取り上げたのはDVDボックスのリリースが開始された『アイ・カーリー』。


「ミュージック・マガジン 7月号」では何とデジタル・クンビアに挑戦しているブロンディの新作と映画『オールド・ボーイ』評を書いています。

Blondie - Relax - Roundhouse, London - July 2013

ご存知(?)フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドのカバー


「映画秘宝8月号」ではサントラコラムに加えて、ジョン・タトゥーロ監督作(且つウディ・アレンがいち俳優として出演してる)『ジゴロ・イン・ニューヨーク』の紹介をやっています。


ジョニー・デップ主演作『トランセンデンス』の劇場用パンフでコラムを書いています。


以上、よろしくお願い致します!

5月の営業報告


「キネマ旬報 2014年6月上旬号 No.1663」 ではコーエン兄弟『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』についてのコラムとマック・セネットの自伝「「喜劇映画」を発明した男」の紹介をやってます。


シアターカルチャーマガジン「T.」にやはり『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』評を書いています。


「ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号」に連載コラム『シネ曼荼羅〜ベイビー』掲載。こちらも今回は『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』を紹介。 

「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」予告編



「CREA (クレア) 6月号」に「長谷川町蔵のGREAT CINEMA」掲載。前号までの女芸人シリーズに変わって男芸人を取り上げています。今号紹介したのはポール・ラッド。


  「MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2014年 06月号」 ではブライアン・レイツェルのソロ作のレビューを担当。


「映画秘宝 2014年 07月号」ではサントラコラムに加えて、大傑作『グランド・ブダペスト・ホテル』、ベネディクト・カンバーバッチの『ホーキング』、マーティン・フリーマン『スクール・オブ・ミュージカル』、『サケボム』を紹介してます。

カンバさんのホーキング

ホーキング博士が大学まではフツーの生活を送っていたことをこの映画で初めて知りました。


「映画秘宝EX映画の必修科目09滝汗! サスペンス映画100」 でロバート・ダウニー・Jr.のキャリアの転換点になった作品『キスキス、バンバン』について書いています。


Music Unlimited「長谷川町蔵のサウンド・トラック野郎 -第5回-」が更新されてます。今回は6月なので結婚式を描いた映画のサントラ特集!


 アルテス電子版での大和田俊之さんとの対談連載「文化系のためのヒップホップ通信」では、柳樂光隆さんをゲストに「ジャズ新世代とヒップホップ」を語ってます。「入門」ではスルー気味だったテーマなので、興味がある人は是非〜!

 Freestyle Fellowship ft. Daddy-O - Innercity Boundries

文中にはこんな曲も登場。


リマスター盤に呼応して絶賛発売中の「CROSSBEAT Special Edition レッド・ツェッペリン」に「ZEPと映画」というお題でコラムを書いています。


以上、よろしくお願いします。