エヴリシング・クール ムービー・アワード2014

審査員がひとりだけの年間映画賞、2013年に続いて今年も実施しました。DVDスルー作品や日本公開が2015年の映画を数多く含んでいるので、あしからず。

撮影賞
Winner! エマニュエル・ルベツキ @『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

(以下、次点) 
ラリー・スミス @『オンリー・ゴッド』
フェドン・パパマイケル @『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
ブリュノ・デルボネル @『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』 『ビッグ・アイズ』
グレイグ・フレイザー @『フォックスキャッチャー』

オリジナル歌曲集
Winner! 「I Love You All」from『FRANK -フランク-』

(以下、次点) 
「Everything Is Awesome 」from 『LEGO ムービー』
「あこがれの夏」from『アナと雪の女王』
「Lost Stars」from 『はじまりのうた』
「Please Mr. Kennedy」from『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』

ベスト悪役賞
Winner!  クリストフ・ヴァルツ @『ビッグ・アイズ』

(以下、次点)
ヴィタヤ・パンスリンガム @『オンリー・ゴッド』
エマ・トンプソン @『ウォルト・ディズニーの約束』
ウィレム・デフォー @『グランド・ブダペスト・ホテル』
ティーガー戦車 @『フューリー』

テレビ番組のキャラのまんまで賞
Winner!  クリステン・リッター @『ビッグ・アイズ』(=『23号室の小悪魔』)

(以下、次点)
カット・デニングス @『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(=『NYボンビーガール』)
ニール・パトリック・ハリス @『荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて』(=『ママと恋に落ちるまで』)

ベストロケ地賞
Winner!  ディズニーランド @『エスケイプ・フロム・トゥモロー』『ウォルト・ディズニーの約束』

(以下、次点) 
バンコク @『オンリー・ゴッド』
ネブラスカ @『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
アイスランド @『インターステラー』
ニューヨーク @『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』

ブレイクスルー賞
Winner!  オスカー・アイザック @『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』

(以下、次点)
ナット・ウルフ @『きっと、星のせいじゃない。』『アドミッション -親たちの入学試験-』
マーゴット・ロビー @『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』
キャリー・クーン @『ゴーン・ガール』
ジュリアン・ベル @『22 Jump Street』

カメオ出演賞
Winner!  ウィル・フェレル @『LEGO ムービー』

(以下、次点)
トンデモない数のスターたち @『俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク』
クリステン・ウィグ @『her/世界でひとつの彼女』
ジェイミー・フォックス @『荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて』
セス・ローゲン、クイーン・ラティファ、ビル・ヘダー、アンナ・ファリス @『22 Jump Street』

美術&衣裳賞
Winner!  『チャールズ・スワン三世の頭ン中』

(以下、次点)
『グランド・ブダペスト・ホテル』
『フォックスキャッチャー』
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
『イヴ・サンローラン』

ベスト・バディ賞
Winner!  ロケット&グルート @ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

(以下、次点)
ジョナ・ヒル&チャニング・テイタム @『22 Jump Street』
マシュー・マコノヒー&ロボット @『インターステラー』
ジョニー・ノックスビル&ジャクソン・ニコル @『ジャッカス/クソジジイのアメリカ横断チン道中』
レイフ・ファインズ&トニー・レヴォロリ @『グランド・ブダペスト・ホテル』

助演男優賞
Winner!  スティーブ・カレル @『俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク』『フォックスキャッチャー』

(以下、次点)
ジョナ・ヒル @『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日』
エドワード・ノートン @『グランド・ブダペスト・ホテル』『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
チャニング・テイタム @『フォックスキャッチャー』『22 Jump Street』
スコット・マクネイリー @『FRANK -フランク-』『ゴーン・ガール

助演女優賞
Winner!  ジェシカ・チャスティン @『インターステラー』

(以下、次点)
マギー・ギレンホール @『FRANK -フランク-』
クリステン・ウィグ @『俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク』
キャリー・クーン @『ゴーン・ガール』
エマ・ストーン @『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

主演男優賞
Winner!  ホアキン・フェニックス @『her/世界でひとつの彼女』

(以下、次点) 
クリス・プラット @『LEGO ムービー』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
マイケル・ファスベンダー @『FRANK -フランク-』
マシュー・マコノヒー @『インターステラー』
マイケル・キートン @『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

主演女優賞
Winner!  パトリシア・アークエット @『6才のボクが、大人になるまで。』

(以下、次点)
ジュリー・デルピー @『ビフォア・ミッドナイト』
ブリット・マーリング @『ザ・イースト』
ブリー・ラーソン @『ショートターム』
シェイリーン・ウッドリー @『ダイバージェント』『きっと、星のせいじゃない。』

脚本賞
Winner!  テレンス・ウィンター @『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

(以下、次点)
ジョナサン・ノーラン&クリストファー・ノーラン @『インターステラー』
ジョン・ロンソン&ピーター・ストローハン@『FRANK -フランク-』
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、ニコラス・ヒアコボーネ、アレクサンダー・ディネラリス・Jr.、アルマンド・ボー @『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
ジョー・スワンバーグ @『ドリンキング・バディーズ 飲み友以上、恋人未満の甘い方程式』

監督賞
Winner!  ジェームズ・ガン @『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

(以下、次点)
スパイク・ジョーンズ @『her/世界でひとつの彼女』
マーティン・スコセッシ @『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス 50年の挑戦』
フィル・ロード&クリストファー・ミラー @『LEGO ムービー』『22 Jump Street』
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ @『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

ムー映画賞
Winner! 『インターステラー』

(以下、次点)
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
『複製された男』
『嗤う分身』
『ザ・イースト』

作品賞
Winner! 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

(以下、次点)
『her/世界でひとつの彼女』
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
『LEGO ムービー』
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

エヴリシング・クール・ムービーアワード殿堂入り
マイク・ニコルズ
ロビン・ウィリアムズ
フィリップ・シーモア・ホフマン

今週のTOP5(最終回)


 京金のそば
1年の最後はここでソバを食べるようにしている。美味。


『エージェント・オブ・シールド』
ヒーローたちの活躍の裏で細かい作業を頑張っていた人たちがいた!という公務員賛歌。とりあえずエージェント・コルソンが生きていて安堵しました。


ブライアン・フェリー『Avonmore』におけるギタリストの無駄遣い
ジョニー・マー、ナイル・ロジャース、スティーブ・ジョーンズ、クリス・スペディング、マーク・ノップラーといった錚々たるメンツが1曲ごとに4人くらい参加しているのに、2パートくらいしか聴こえない。つまり各人のプレイをエディットしているということ。メイキングビデオとかないのかな。



『FARGO/ファーゴ』のアリソン・トールマン

マーティン・フリーマンが評判になったコーエン兄弟の映画のリ・イマジネーション版ドラマだけど、フリーマンは発音といいリアクションといい英国人そのもの。中西部ミネソタ育ちの人には全く見えない。そんな彼とは対照的に、生まれ故郷の警察にそのまま就職した気のいい女子にしか見えない彼女の演技の自然さが光った。


東京都庭園美術館
改装が完了してリ・オープン。失われていくものもあれば、蘇るものもある。

これで最終回。1年間おつかれさまでした(→俺)。

今週のTOP5


ホテルオークラ本館
クリスマス前に泊まってきた。ファサードもラウンジもオーキッド・ルームも昭和モダーンで最高だ。これを東京オリンピックのために増床したいから取り壊すなんて本当にどうかしている。


半田健人「せんちめんたる」
ようやく聴いたのだけど凄すぎて震えている。今どきナイアガラやティンパンのマネしてる若手ミュージシャンは全員聴いて懺悔すべき。

「僕はあなたに出逢うためこの街に来たのになぜに今ここに居ない」「見知らぬ人々眺めてもあなたの面影探してしまう」(半田健人作詞作曲「なぜ今ここに」)半田健人の歌世界にはLINEもFacebookも存在しない!


Charli XCX 「Sucker」
聴けば聴くほどバカになる!(褒めてる)R&B色はなくて基本ロックの人ということも分かった。ラスト曲だけマトモにカッコいいと思ったらヴァンパイア・ウィークエンドのロスタムProd曲だった。


ディアンジェロ「Black Messiah」
もちろん愛聴してます。予想していた通り”煮詰めすぎ”なんですが、良いアルバムであることは間違いないし、これが初週にフィジカルだけで10万枚売れたのは素晴らしいことだ。


爆笑問題のスーツ
おそらくギャルソンオムのチーフデザイナーだった田中の兄、田中啓一が作っているんだと思うんだけど、いつ見ても惚れ惚れする出来。決して身体的に恵まれている二人ではないのにカッコイイ。他のお笑い芸人も田中兄に頼めばいいのに。

12月の営業報告


「ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2014年 1月号」 に「シネ曼荼羅〜ベイビー」が掲載。今回取り上げたのは『ゴーン・ガール』。


「長谷川町蔵のサウンド・トラック野郎」 が更新。今回は「2014年を振り返る」。


「CROSSBEAT YEARBOOK 2014 (シンコー・ミュージックMOOK)」で年間ベスト20アルバム、音楽映画ベスト10、プリンスについてのコラムなどを書いています。


「CDJournal2015年 1月号」に「アメリカ学園天国」が掲載。今回紹介したのは『きっと、星のせいじゃない。』です。


「ぴあ Movie Special 2015 Winter (ぴあMOOK)」でも『きっと、星のせいじゃない。』を紹介しています。



「レコード・コレクターズ 2015年 01月号」ではポール・マッカートニーやストーンズ、フー(ついでにカニエ)が登場するドキュメンタリー映画『12−12−12ニューヨーク、奇跡のライブ』の紹介をしています。



表紙がド渋な「映画秘宝 2015年 02月号」ではサントラ・コラムに加えてジェイソン・ベイトマン監督&主演作『バッドガイ 反抗期の中年男』を紹介しています。



「MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2015年 01月号」で「ラップ/ヒップホップ ベスト10」の選出に参加しているとともにドゥービー・ブラザース新作評を担当しています。

それにしてもドゥービー・ブラザーズの最新アー写を見ると、笑いが止まらなくなるのは私だけだろうか?

以上、よろしくお願いします。

今週のTOP5

『バードマン』 
内覧試写で鑑賞。全シーン、ほぼワンカット(に見える)で劇伴音楽がほぼドラムスのみという無茶苦茶なシチュエーションの中、元スーパーヒーロー役者マイケル・キートンがブロードウェイの舞台に挑む姿を描いた至高の120分!
アレハンドロ・G・イリャニトゥは「風が吹けば凛子がスッポンポン」でおなじみ『バベル』を観て、「ああ、スリーアミーゴスの他の二人に引き離されちゃったなあ」と思ったけど、『バードマン』で再び横並びになった感じ。つまり『ゼロ・グラビティ』や『パシフィック・リム』くらい良いってこと。




Nicki Minaj「The Pink Print」
丁寧に作っていることが分かるサードアルバム。「Starshipsm」みたいな曲は収録されていないけど、今のニッキーは「Anaconda」みたいな曲でも売れてしまうわけで、このくらいの塩梅にしたのは正解なんだと思う。

Nicki Minaj - Only ft. Drake, Lil Wayne, Chris Brown


てっきりサウスの若手トラックメイカー作かと思ったら、ドクター・ルーク作だった。器用な人である。


『Knight of Cups』予告編
テレンス・マリック新作。今回はLAが舞台のハードボイルド物?と思わせて明後日の方向に物語が転がっていきそうな予感。ナタ子が”マリック走り”してる!

”マリック走り”とは、女子が髪とスカートをなびかせつつ、ちらちらと後ろを見ながら微笑みを浮かべて向こうに走っていくこと。マリック作品のヒロインの証である。(俺調べ) 証拠:前作『トゥ・ザ・ワンダー』より。



Wu-Tang Clan「A Better Tomorrow」
7年ぶり。前作より良いんじゃないでしょうか。並み居るラッパーたちの中でも輝きの度合いが違うメソッドマンはもうちょいソロで頑張ってほしいと思うけど。

Wu-Tang Clan - Ruckus in B Minor



She & Him - Stay AwhileのMV
ニューアルバムからのリード曲。地味に凝っている。

今週のTOP10


ピクサーの新作『インサイド・ヘッド』のフランス版ポスター 
日本版とオシャレ度が違いすぎる……。


「While We're Young」予告編
フランシス・ハ」のノア・バームバック最新作。ブルックリンのヒップスター・カップルとひょんなことから交流することになった中年コンサバ夫婦ベン・スティラーとナオミ・ワッツを描く。 心に沁みるぜ ……。 スティラーの友達を演じているのはビースティーズのアドロック!(22秒頃に登場)そういえば彼もブルックリン出身だった。



「Shadyxv」 
エミネムのレーベルのオムニバス盤なんだけど、13曲中10曲でラップしているし、半数の曲のプロデュースも手掛けているので事実上のニューアルバム。娘が大学に進学する歳になっても父ちゃんのラップ熱は治らないのだった。


『プリティ・ワン たったひとつの恋とウソ。』
日本のドラマに応用できそうなゾー・カザンのアイドル映画。相手役は、『NEW GIRL』でズーイー・デシャネルと共演中のジェイク・ジョンソン。サブカル女子の相手役としては現役ナンバーワンかもしれない。


Rick Ross「Hood Billionaire」
今年2作目。クオリティは相変わらず高いけど、やはりティンバランドが手がけたナンバーが飛び抜けてる。

Rick Ross - Movin' Bass ft. JAY Z


『闘魂先生Mr.ネバーギブアップ 』
ケヴィン・ジェームズ主演作。UFCを舞台にした格闘コメディなのだけど、裏には『glee/グリー』などで描かれている「公立学校での芸術科目削減」というシリアスな問題が横たわっているドラマ。日本もこうならないことを祈る。


『我が家のおバカで愛しいアニキ』
ポール・ラッドの人柄の良さだけで押しまくるファミリー・ドラマ。この人が来年アントマンになるかと思うと何だか感慨深い。


『ジャッジ 裁かれる判事』
ロバート・ダウニー・Jr.と奥さんが製作映した画なので、スターク社長の魅力炸裂なんだけど、それ以上にロバート・デュヴァルの見せ場が多い。キルゴア中佐、晩年に良い出演作に出会えて良かったっすね。




J Cole 「January 28th」
ニューアルバム収録曲のイントロに聞き覚えがあると思ったら、ハイファイセットの「スカイレストラン」だった。作曲者クレジットに荒井由実と村井邦彦の名も明記!

 


『ビッグ・アイズ』のクリステン・リッター
ティム・バートンのファンは色々言うと思うけど、近年の彼を振り返ってみると、今作での普通のドラマ演出への転向はいずれ必要だったと思う。それが遂にきたってこと。『MADMEN』が好きな人には超オススメ。 それとこの映画で注目なのは、主人公の友人を演じているクリステン・リッター。黒ずくめのファッション、髪型、言動すべてが主演ドラマ『23号室の小悪魔』そのまんま!マティーニグラスを持つシーンまで出てくる。バートン、あのドラマ好きだったのかな。

今週のTOP5


『フォックスキャッチャー』
試写で鑑賞。スティーブ・カレル、チャニング・テイタム、マーク・ラファロというジャド・アパトー関係者3人が集まってるのに、ギャグはゼロ。重く緊迫感ある芝居で最後まで魅せてくれます。ちなみに『フォックスキャッチャー』、俺の中の淀川先生が「2014年最高の映画なのね」と言ってます。



『あまりにも単純化しすぎた彼女の美』
ジェイZが製作、フライング・ロータスが音楽を手がけた文化系アフリカン・アメリカンの内省&悶々作が、「TAMA映画祭」で貴重な上映。今のブルックリンのムードがよく分かる作品なので今後の日本上映未定というのが何とも惜しい。



T.N.Swing Jazz
岩本町のライブハウスに訳あって行ってきたんですが凄かった。sax5,tb4,tp4 p,b,dsの16名編成のバンドが、ウディ・ハーマンとかトミー・ドーシーの楽曲を原典に忠実な編曲で毎晩演奏している。


『バッドガイ 反抗期の中年男』
ジェイソン ・ベイトマン初監督作。いつもよりちょっとワルな役をやっているところに「単なるイイ人」で終わりたくないとの本人の強い意思を感じる。キャスリン・ハーンとアリソン・ジャネイという女優陣の実力重視のチョイスが渋い。


『Star Wars: The Force Awakens』予告編
公開まであと1年か ……。

11月の営業報告


「ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2014年 12月号」 に「シネ曼荼羅〜ベイビー」が掲載。今回取り上げたのは『ゴーン・ガール』。

『ゴーン・ガール』予告編


「長谷川町蔵のサウンド・トラック野郎」 が更新。今回は宇宙映画特集。


表紙効果でいつもより売れそうな「映画秘宝 2015年01月号」ではサントラ・コラムのほかにアイス・キューブ&ケヴィン・ハート共演作『ライド・アロング』を紹介しています。

『ライド・アロング』予告編



「ミュージックマガジン 2014年 12月号」では特集「2010年代前半の洋楽大総括!」とクロス・レヴューに参加するとともにテイラー・スウィフトの新譜を紹介しています。

Janelle Monáe - Tightrope [feat. Big Boi]


以上、よろしくお願いします。